SPECIAL

パチンコ・パチスロ名曲アルバムージャグラーで聞くクラシック編ー

芸術の秋。皆さんいかがお過ごしでしょうか。秋の夜長、ワイングラスを傾けながら、じっくりクラシック音楽を鑑賞するには最適な季節となりました。アレっ、ここ「パチンコウォーカー.com」だよねと思った皆さん。

 

そうです。いかにも「パチンコウォーカー.com」なのですが、パチンコ・パチスロにもクラシック音楽が流れる機種は多数あります。秋の夜長、ホールでじっくりクラシック音楽鑑賞会なんてのもオツなものですが、代表的なクラシック音楽搭載機であるジャグラーシリーズでは、大体100ゲーム以内のゾロ目ゲーム数でビッグボーナスに当選した際に流れることが多く、容易に聞けないのが玉にきずなのです。

 

そこで今回は現役稼働しているジャグラーシリーズをピックアップ。実機バージョンではなく、原曲の動画を集めましたので、ジャグ連をゾロ目でかました気分で演奏会をお楽しみ下さい。ジャグラー以外のクラシック音楽搭載機は、またの機会にお届けします。それでは、間もなく開演です。

 

 

アイムジャグラーAPEX(2011年)

100ゲーム以内のゾロ目ゲーム数でビッグボーナスが成立すると「運命」「革命のエチュード」「ノクターン」「新世界」「カルメン」「ラデツキー行進曲」からランダム選択。シリーズ最大のプレミアBGM搭載機であり、過去に登場した「運命」「革命のエチュード」以外は初登場曲。個人的には「ラデツキー行進曲」がアガるので好きですが、聞くためのハードルが高過ぎます。

 

動画配信元:channel豆粒

ベートーベン『運命』交響曲第五番第一楽章

ジャグラーといえば「運命」ですよね。ちなみに『運命』は通称で正式な曲名ではありません。音楽の教科書の肖像画に落書きしてスミマセンでした。

 

動画配信元:naxos japan

ショパン『革命のエチュード』練習曲ハ短調作品10-12

ショパンのピアノ独奏曲。難易度が高く超絶技巧が必要な曲として有名。これも正式な曲名ではありません。

 

動画配信元:トレンド芸能チャンネル

ショパン『ノクターン第2番 変ホ長調 Op.9-2』

これまた、ショパンの代表曲といっても過言ではない「ノクターン」。実機だと聞き取りにくいですが、ピアノ演奏で聞くと染みます。

 

動画配信元:naxos japan

ドヴォルザーク 交響曲第9番 ホ短調 作品95『新世界より』

チェコ人のドヴォルザークがアメリカ滞在中に作曲。クラシックの中でも有名な曲で、作曲者・曲名は知らなくても一度は聞いたことがあるであろう名曲。

 

動画配信元:MsMasayan-3

ビゼー『カルメン』

フランス人ビゼー作曲のオペラが原曲。年代によって何に使用されていたか意見が分かれるほど様々なBGMに使われている。自分は「TVタックル」かな。

 

動画配信元:名曲クラシック&ジャズ(Masterpieces of Classical music and Jazz)

 

ヨハン・シュトラウス1世『ラデツキー行進曲』

オーストリアの著名な軍人ラデツキー将軍の戦勝祝典用に作曲された行進曲。勇ましく士気が高ぶるヨハン・シュトラウス1世の代表曲です。

 

ミラクルジャグラー(2011年)

ボーナス終了後、5ゲーム以内にビッグボーナスが成立すると「新世界」「威風堂々」「天国と地獄」がランダムで流れる。これまた、ハードルが高い。「天国と地獄」って運動会のイメージしかないです(笑)。

 

動画配信元:naxos japan

エルガー『威風堂々』

イギリスの作曲家エルガーが作曲。第1番の中間部の旋律が有名。イギリスでは『希望と栄光の国』という曲名で第2の国家と称されるほど愛されている。

 

動画配信元:とみやん

オッフェンバック『地獄のオルフェ』「天国と地獄」

オッフェンバック作のオペレッタ「地獄のオルフェ」の別題。運動会やフレンチカンカン、カステラ文明堂のCMなど、誰もが一度は聞いたことがありますよね。

 

ニューアイムジャグラーEX(2012年)

ボーナス終了後、100ゲーム以内のゾロ目ゲーム数でビッグボーナスが成立すると「運命」「ピアノ協奏曲第1番」「ウイリアムテル序曲」が流れる。チャイコフスキー初期の名曲「ピアノ協奏曲第1番」は曲名だけでは判然としないですが、聞けば「ハイハイ。これね」と頷いてしまうこと必至のポピュラーな曲です。

 

動画配信元:新村遼

チャイコフスキー『ピアノ協奏曲第1番』

ロシアの作曲家チャイコフスキー初期の作品。「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」の三大バレエ曲を作曲していますが、バレエ音楽を作曲したのは、この3曲だけというからビックリです。

 

動画配信元:名曲クラシック&ジャズ(Masterpieces of Classical music and Jazz)

ロッシーニ『ウイリアムテル序曲』

イタリアの作曲家ロッシーニのオベラ。前半だけでは“?”ですが、後半を聞くと運動会だったり、ひょうきん族だったり、太鼓の達人だったりします。

 

マイジャグラー2(2012年)

ボーナス終了後、100ゲーム以内のゾロ目ゲーム数でビッグボーナスが成立すると「剣士の入場」「クシコスポスト」が流れる。運動会絡みが多いですね。思わず走り出したくなる高揚感がビッグ当選の喜びを加速させてくれます。

 

動画配信元:naxos japan

フチーク『剣士の入場』

チェコの作曲家フチークの代表作。この曲は各地のサーカスでピエロの登場曲として多く使われ有名になったというジャグラーに打って付けの曲ですよね。

 

動画配信元:MARCHINGTOKYO

ネッケ『クシコスポスト』

ドイツの作曲家ネッケの作品。覚えにくい曲名は「郵便馬車」という意味。運動会といえばコレというほどの定番曲です。「赤組早いです。白組ガンバレー」。

 

ジャグラーガールズ(2013年)

パネル向かって左が双子の姉「ジャグリー」。向かって右が双子の妹「ジャグミー」。ボーナス終了後、100ゲーム以内のゾロ目ゲーム数でビッグボーナスが成立すると「ジ・エンターテイナー」が流れる。

 

動画配信元:西哲平

スコット・ジョプリン『ジ・エンターテイナー』

クラシックとジャズの過渡期にあたるラグタイムの名曲。映画「スティング」のテーマ曲として名高い。サッカー日本代表のチャントでも使用されています。

 

ゴーゴージャグラー(2015年)

レギュラーボーナス後、1ゲーム目にビッグボーナスに当選すると「軍艦マーチ男性Ver.」。ビッグボーナス後、1ゲーム目にビッグボーナスに当選すると「軍艦マーチ女性Ver.」。ボーナス終了後、100ゲーム以内のゾロ目ゲーム数でビッグボーナスが成立すると「運命」「魔王」が流れる。

 

動画配信元:くちべたぼんぎーチャンネル

シューベルト『魔王』

ゲーテの詩にシューベルトが曲を付けた歌曲。音楽の授業で習った方も多いのではないでしょうか。ピアノの重厚な旋律と男性歌手が野太い声で一人四役を歌い分ける強烈なインパクトのある楽曲。

 

マイジャグラー3(2015年)

ボーナス終了後、100ゲーム以内のゾロ目ゲーム数でビッグボーナスが成立すると「剣士の入場」「クシコスポスト」「くるみ割り人形」が流れる。「くるみ割り人形」は初登場曲です。

動画配信元:Nokom Yidic

チャイコフスキー『くるみ割り人形』

実機で流れる楽曲は25.50秒から始まります。その前に収録されている「花のワルツ」もクラシックの中でも人気の高い楽曲なので聞いたことがあると思います。

 

アイムジャグラーEX Anniversary Edition(2017年)

ボーナス終了後、100ゲーム以内のゾロ目ゲーム数でビッグボーナスが成立すると「運命」「交響曲25番第1楽章」「アイネクライネナハトムジーク」。運命は何度も登場していますが、意外にもモーツァルトの楽曲2曲が初登場しています。

動画配信元:名曲クラシック&ジャズ(Masterpieces of Classical music and Jazz)

モーツァルト『交響曲25番第1楽章』

映画「アマデウス」の中で使用された。ローカルネタで申し訳ないですが、東海エリアでは某宝石店のCM曲といった方が分かりやすいかも。

動画配信元:happy music

モーツァルト『アイネクライネナハトムジーク』

モーツァルト作曲のセレナーデのひとつでBGMとして使用頻度が高い名曲。実機では第1楽章が流れる。第2楽章は歯医者の待合室でよく流れているイメージです。

 

スーパーミラクルジャグラー(2017年)

ボーナス終了後、5ゲーム以内にビッグボーナスが成立すると「きわきら星変奏曲」「ワルキューレの騎行」「カノン」が流れる。逆回転演出時のビッグボーナス中は「新世界」。高速回転演出時のビッグボーナス中は「天国と地獄」が流れる。

動画配信元:naxos japan

モーツァルト『きらきら星変奏曲』

元々はフランスの歌曲。モーツァルトの死後、英語で歌詞が付けられた際に替え歌となり、それが世界中に広まって「きらきら星」として知られる様になりました。

 

動画配信元:0073ASDDED

ワーグナー『ワルキューレの騎行』

実機で流れる「ワルキューレの騎行」は「ワルキューレ」第3幕の序奏部分である。映画「地獄の黙示録」のイメージが強い楽曲ですよね。

動画配信元:
0Bach0

パッヘルベル『カノン』

バロック期のドイツの作曲家パッヘルベルの作品。曲の知名度が高いわりに作者はあまり知られていません。敬意を込めて究極の一発屋(スミマセン)と呼ばせて下さい。

 

アイムジャグラーEX-AE(2017年)

ボーナス終了後、100ゲーム以内のゾロ目ゲーム数でビッグボーナスが成立すると「運命」「交響曲25番第1楽章」「アイネクライネナハトムジーク」が流れます。「アイムジャグラーEX Anniversary Edition」と同じ楽曲となっています。

 

マイジャグラー4(2018年)

ボーナス終了後、100ゲーム以内のゾロ目ゲーム数でビッグボーナスが成立すると「剣士の入場」「クシコスポスト」「くるみ割り人形」が流れる。「マイジャグラー3」と同様です。

 

 

いかがでしたか。作者や曲名は知らなくても聞けば分かる名曲揃いですよね。演奏を聞いていたら、居ても立ってもいられなくなってしまいますよね。今度は実機でペカらせて、名曲鑑賞といきたいものです。ただ、ペカらせるだけでは聞けないハードルの高さですが、それだけに聞けた時の感動もひとしおです。

 

(C)KITA DENSHI