SPECIAL

パチンコ・パチスロ ザッツ雑学 Vol.1

パチンコファンなら、当然知ってるよねという体で、当たり前の様に使用してしまうパチンコ・パチスロ業界独特の言葉があります。しかし、よく考えてみると「これ、どういう意味?」と思うことや、「いや、実は知らないんだけど、今さら人に聞けないし」と知ったかぶりしている人も多いと思います。試験に出るわけでもなく、日常生活に役立つわけでもない、こういった豆知識、雑学に関する引き出しが多い博識な人というのは魅力的ですよね。さあ、早速、ホールでサンドにお金を投入する時、うんちくを披露してみましょう。ただし、当方では一切の責任は負いかねますので、うざがられない程度でお願いします。では、「ザッツ雑学」スタートです。

 

桐生メーカー

群馬県桐生市に本社があったパチンコメーカー「平和」「SANKYO」「西陣」のこと。元々、繊維の町として発展した桐生市。「平和」は先にパチンコ店を開業し、後にパチンコ企画製造業へと事業拡大していく。「西陣」は、鋳物工場からパチンコ機製造工場へ転換。当然、ノウハウはなく、名古屋や東京に部品を買い出しに行き、市内の業者に製造を委託していたとのこと。また、「西陣」は板面に桐生織物の西陣の帯地を張るという華麗で親しみのある異色の機械を制作。その斬新奇抜な新製品は品質・拡張ともに素晴らしいと業界から絶賛された。この機械を「西陣」と命名した。「SANKYO」の毒島会長は平和の前身平和工業出身。1981年から2008年まで桐生市に本社を置いていた。現在は三社ともに本社を移転している。

 

クルーン

皿状で数個の穴が開いている部品。稼働中の機種では一撃7,000発が狙える「CR天龍」(マルホン工業)や、導入当初10万発以上を連発し話題となった「CRライジンマン」(A-gon)などがある。球の動きを楽しむ機種のため、寝かせ(後で解説します)が重要。カイジ沼でも有名。大量の水によってビルを傾かせるという壮大な寝かせを作るというイカサマがありましたね。

 

 

ゲチェナ

「右リール下段にチェリー付き7停止」のこと。多くの機種でリーチ目となっている。写真は「バーサス」のゲチェナ。

 

 

寝かせ

パチンコ台の傾き加減のこと。垂直になっている様に見えるが、ほとんどの台が後ろに傾いている。傾いていればいるほど、ステージ滞在時間が長くなり、入賞率がアップするため、勝ちやすくなります。

 

 

ウエイト

よく実戦記事にフルウエイトで回すと書いてありますが、これはパチスロの1プレイごとの待ち時間のことです。現在は4.1秒に設定されており、すべてのパチスロ共通です。なぜウエイトが存在するかというと勝ちすぎず負けすぎないためです。理論上は1時間あたり878回がフルウェイトになります。高設定を掴んだ場合は、回せば回すほど、期待値が上がるのでフルウエイトで回すことが重要になってきます。逆に低設定をフルウエイトで回せば、最大限負けることになりますが。

 

オバケ

バケ。レギュラーボーナスのこと。現在、オバケと呼ぶ人はほとんどいませんが、元々の語源はオバケからきています。意外と知らずに使っている人も多いのではないでしょうか。ビッグ2回オバケ3回では違和感ありまくりですよね。

 

 

K

実戦記事でしばしば目にするkという文字は1000円を表している。3kならば3,000円。10kならば10,000円を表す。なぜ、Kなのかというと、kはキロで1キログラムなら1,000グラム、1キロメートルなら1,000メートルという具合に、キロ=1,000のため。

 

サンド

一般的に英語でサンドといえば砂ですが、パチンコ用語では台間玉貸機のこと。台間サンドと呼ぶこともある。サンドイッチの具材の様に台と台の間に挟まれているというのが語源。ちなみに「ツナサンド」や「ハムサンド」の様な「○○サンド」というのは和製英語で海外では通じないのでご注意を。確かにサンドウイッチ伯爵がカジノでのゲーム中に片手で手軽に食べられる食事はないかといって食べ始めたのがサンドイッチのはじまりと言われているだけに、サンドだけでは意味が通用しないのも納得です。ちなみにサンドウィッチ伯爵とは階級名で、本名は「ジョン・モンタギュー」というイギリスの貴族です。

 

連チャン

大当りが連続、もしくは短い感覚で続くこと。連チャンとは、もともと麻雀用語で1人のプレイヤーが連続で親を担当すること。漢字で書くと連荘で、親(荘家)を意味します。

 

どうでしたか、サンドウィッチ伯爵って名前じゃなかったんですね。ちなみにサンドウィッチ伯爵は実在しており、現在11代目とのこと。寝かせについてはライターを盤面に当ててオイルの傾きで判別する方法もあるので、試してみて下さい。球の動きで一喜一憂できるクルーン搭載機はパチンコの原点ともいうべき機種だけに、「P沼」への期待も高まりますよね。しかし、ネットサーフィンって楽しいですよね。どおりで仕事がはかどらないわけだ。ところで、誰がネットサーフィンという言葉を使いだしたのだろうかという点が気になってきたので、ネットの海で波に乗ってきます。それでは、またお会いしましょう。