SPECIAL

ぱちんこ仮面ライダーシリーズ大百科【前編:仮面ライダー1号・2号・V3編】

どうも、「CRぱちんこ仮面ライダー フルスロットル 闇のバトルver.」(京楽産業.)が導入されたので打ちに行きたいと思ったが、低貸しに導入されてからじゃないと打てないではないかと指をくわえて眺めているしかない、お小遣いサラリーマンの老獪編集部員です。

仮面ライダーシリーズも代を重ねて…何作目なのかと思い調べてみました。

 

2004年 CR仮面ライダーMR

 

2007年7月 CRぱちんこ仮面ライダー~ショッカー全滅大作戦~

 

2009年10月 CRぱちんこ仮面ライダー MAX EDITION

 

2013年10月 CRぱちんこ仮面ライダーV3

 

2014年1月 CRぱちんこ仮面ライダーV3 Light Version

 

2014年10月 CRぱちんこ仮面ライダーV3 GOLD Version

 

2015年10月 CRぱちんこ仮面ライダー フルスロットル

 

2016年3月 CRぱちんこ仮面ライダー フルスロットル RS319ver.

 

2016年11月 CRぱちんこ仮面ライダー フルスロットル タックル99ver.

 

2018年10月 CRぱちんこ仮面ライダー フルスロットル 闇のバトルver.

 

甘デジやMAXタイプなどバージョン違いも含めると、今作が10作目なんですね(抜けていたらスミマセン)。個人的な思い入れが強いのは、2007年の「CRぱちんこ仮面ライダー~ショッカー全滅大作戦~」とそれに続く「CRぱちんこ仮面ライダー MAX EDITION」です。前者はミドルスペックと甘デジの間をとった1/221という大当り確率がウリで「ハイパー甘デジ」のうたい文句で登場しましたが、個人的には、なぜか確率が辛ければ辛いほど当たる特異体質のため「ハイパー甘デジ」の恩恵を受けた覚えはありません。だからといってMAX機最後の駆け込みで登場したMAX EDITIONもさっぱり当りませんでしたが…(大ヤマト・初代エヴァ・ウルトラセブンなど大当り確率1/490近くの機種だと当たるんですよ)。

 

さて、今回の新台「CRぱちんこ仮面ライダー フルスロットル 闇のバトルver.」はフルスロットルシリーズでは4作目にあたります。フルスロットルシリーズといえば、何といってもバイクのハンドルが付いた専用筐体ですよね。アラフィフのおっさんが打つには少々照れくさい部分があるのは否めませんが、初見のインパクトは強烈でした。そして、もう一つ、大きな特徴は初期ライダーの1号・2号・V3・ライダーマン・X・アマゾン・ストロンガーが登場するところではないでしょうか。

 

私も5歳の息子がいるので、最近の仮面ライダーシリーズ「エグゼイド」「ビルド」「ジオウ」あたりは一通り見たことがあります。ママ受けするイケメンたちとCGを駆使した戦闘シーン。代替わりするごとに商品ラインアップが一新されるグッズ展開など、スタイリッシュなヒーローアクション番組として、日曜朝の定番になっていますよね。

 

ただ、初期ライダー世代から言わせると爽やか過ぎて、恐怖感がまったく伝わって来ないのが物足りないんですよね。初期ライダーは画面もストーリーもキャラ設定も、怪奇アクションと呼ばれた石ノ森章太郎さんの原作を踏襲しており、すべてが暗くて、グロくて、オドロオドロしいんですよ。ここでは本作に登場する強烈な個性を持つ大幹部を中心に怪奇アクションとしての仮面ライダーの“怖さ”にスポットを当てて紹介してみようと思います。おっと、忘れちゃいけない、すべての仮面ライダーに登場する“おやっさん”こと「立花藤兵衛」にもググッと迫ります。【前編:仮面ライダー1号・2号・V3編】と【後編:X・アマゾン・ストロンガー・立花藤兵衛編】の2回に分けて紹介します。

 

仮面ライダー1号

 

 

主人公は本郷猛。科学者であり、優秀なオートレーサーでもある。IQ600、スポーツ万能の超人的な能力を持つがゆえにショッカーに拉致され改造人間にされてしまうが、脳を改造される寸前に脱出し、正義のためショッカーと戦うことを決意する。主演は仮面ライダーといえばこの人といっても過言ではない「藤岡弘、」である。

 

仮面ライダー2号

 

主人公は一文字隼人。フリーカメラマンであり、柔道6段・空手5段という格闘技の達人。その能力を見込まれたショッカーに改造人間にされるが、脳改造前に本郷の助けで脱出し、ショッカーと戦うことに。1号役の「藤岡弘、」が収録中のバイク事故で出演できなくなり、1号は死んだことにするという案もあったが、子供たちの夢を壊すことはできないということで第14話から「本郷は海外のショッカーとの戦いに赴き、その後を次ぐ仮面ライダーが登場する」という設定で誕生。「藤岡弘、」のケガが癒えた後の52話で「一文字が南米のショッカーを追って旅立った」という設定が語られ53話から1号が復活する。

 

ゾル大佐

ドイツ出身の初代大幹部。アウシュビッツ=ビルナケウ強制収容所の管理人を務めていた。処刑場から漏れたガスにより左目を失明したためアイパッチを使用している。愛用の鞭はヒトラーから授かったものである。改造人間・狼男に変身する。悪の秘密結社の大幹部としては、これでもかというぐらい恐ろしい要素が満載です。

 

死神博士

スイス支部からやってきた二代目大幹部。怪人作りの名人でマッドサイエンティスト。幼少時から訪れる場所には必ずといっていいほど死人が出たため「死神」の異名が付いた(怖い)。ポーランド人のシモン教授に師事し臓器移植の研究に没頭。占領ドイツ軍に徴用されアウシュビッツ収容所で生体実験の研究員となり、ナチスの捕虜となったシモン教授を延命研究の実験台として死なせた。改造人間イカデビルに変身する。後に「平成教育委員会」で博識を披露していた天本英世が演じたが、本人は死神博士と紹介されるのを嫌っていたとのこと。

 

メカ地獄大使(地獄大使)

アメリカ、サンフランシスコのスラム街出身の三代目大幹部。従兄弟のガモンを影武者に仕立て、そつなく犯罪をこなす。アルカトラズ刑務所からも二人で脱出に成功した。北アメリカの砂漠地帯でガラガラヘビの研究家をしていたが、その後、数奇な運命をたどり、新興国家のゲリラ軍の大佐に任命され革命を指揮(数奇にもほどがある)。ちなみに死神博士とは折り合いが悪かった。怪人ガラガランダーに変身する。「CRぱちんこ仮面ライダー フルスロットル 闇のバトルver.」では、ダブルライダーリーチ(1号2号)に「メカ地獄大使」として登場。

 

ショッカー首領・デストロン首領・岩石大首領

当初は各支部のショッカーレリーフから指令を送るのみだっため、構成員はおろか歴代の大幹部でも直接謁見することが出来なかった。最終回では浜名湖地下(そんな所にあったのか)にある日本ゲルショッカー本部に突入した仮面ライダー1号・2号の前に赤い三角頭巾で姿を隠して登場する。その素顔は無数の蛇をまとった単眼の怪物である(グロい)。仮面ライダーV3のデストロンでも首領。ストロンガーでは最終話に岩石大首領として登場する。いわばラスボス的存在である。

 

仮面ライダーV3

 

本名は風見志郎。城南大学生物学部の学生であり、本郷猛の後輩。怪人ハサミジャガーに目の前で両親と妹を殺害されて、デストロンへの復讐を誓う。1号2号に改造を頼むも改造人間の悲哀を知る彼らに一度は拒否される。しかし、その後瀕死の重傷を負った風見の命を救うため1号2号は彼の改造を決意。第3の仮面ライダーがV3が誕生した。

 

ライダーマン

本名は結城丈二。孤児だった時にデストロン首領に引き取られたため、首領には恩義を感じている。デストロン科学陣のエリートであり、人望も厚かったため、将来の大幹部候補であったが、ヨロイ元帥に無実の罪を着せられ、右腕を硫酸プールで溶かされてしまう。顔の下半分が露出している異色の存在。全身が改造人間ではなく、強化服をまとっている。右腕のカセットアームのみ改造しており、パワーは成人男性の6倍、ジャンプ力20メートル、厚さ8センチの鉄板を打ち抜くキック力など、戦闘員には通用するが、怪人には苦戦する場面が多い。

 

ドクトルG(ゲー)

ドイツ支部から日本支部に招聘された初代日本支部長で、作中に登場した唯一のデストロン生え抜きの大幹部。元ナチスの軍人で悪魔の頭脳を持つ男とも言われる。怪人態はカニレーザー。

 

キバ男爵

アフリカコンゴ川上流域に数百年栄えるという悪魔崇拝の宗教「ドーブー教」(ブードゥー教?)の大魔術師にして、ドーブーを信奉する「キバ一族」の長。デストロン日本支部2代目大幹部。一日に一度は血を見ないと気が済まない残忍な性格だが、部下の怪人の死を悲しんだり、葬式をしたりするなど、部下思いの慈悲深い一面もある。吸血マンモスに変身する。

 

ツバサ大僧正

チベットに伝わる邪教「まんじ教」の教祖。飛行能力を持つ怪人によって構成された「ツバサ軍団」を率いる三代目大幹部。死人コウモリに変身。

 

ヨロイ元帥

「ヨロイ一族」の長にしてデストロン最後の4代目大幹部。デストロンの科学者「結城丈二」を自分の地位を脅かす存在として危険視しており、反乱の濡れ衣を着させて抹殺を試むが、失敗したことで、彼はライダーマンになってしまう。47話でライダーマンをおびき寄せるため、結城に差出人住所を明記した年賀状を送るという昭和を感じさせる律儀な面白エピソードあり。ザリガーナに変身。

 

いかがでしたか。初期仮面ライダーシリーズの怖さが伝わりましたでしょうか。【後編:X・アマゾン・ストロンガー・立花藤兵衛編】もフルスロットルでお伝えします。お楽しみに。