SPECIAL

舐ちゃんに叱られる!【4号機おじさんのパチスロ豆知識】

「どうしてリール始動音が遅れるとアツいの?」(第二回)

 

 

パチスロ大好きの舐ちゃん(スロリーマン舐太郎:二児の父)は、朝夕めっきり涼しくなり秋の気配が濃くなった好季節を迎えてもイライラしています。それは、6号機の話題で賑わうパチスロ業界に対し、4号機おじさんとして時代錯誤を感じているからです。

 

 

 

 

今回も舐ちゃんに、いつもの5号機キッズからメールが届きました。

 

 

29歳会社員:ようせい さん(編集部)

「僕はリールが回り始める“遅れ”に気づかないことが多いのですが、なんで音が遅れるだけでアツいことが多いのですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遅れに気づかないことは2コマのハズシができないことと同じくらい舐ちゃんを怒らせます。

小役ナビ矛盾、無音、間延び音などの違和感演出を愛する4号機おじさんとしては、逆に「無音が聞こえた」とナチュラルに名言を吐いてくれるようなスロッターこそ同じパチスロを愛する同志と言えるのです。

 

まずは“遅れ”がアツい風潮を生み出した元祖となる機種から振り返っていきましょう。

 

 

 

 

遅れの元祖はトロピカーナ7X

今はどのメーカーにも遅れが意図的に搭載されていますが、その元祖となるのがユニバーサルの1.5号機「トロピカーナ7X」です。これより前の1号機「アメリカーナXX」に“遅れ”があり、ボーナスフラグが立ったゲームではリールの始動が一瞬遅れました。つまりパチスロ初期の“遅れ”は、それだけでボーナス確定の激アツ演出ってワケです。

 

 

ちなみ、当時はウェイト待機時間がなく、今のようなリールが先に動いて始動音が遅れるのではなく、リールの始動が遅れることが“遅れ”でした。

 

 

 

その後継機「トロピカーナ7X」にも評判だった“遅れ”を継承して人気でしたが、現在のような“遅れ”よりも、もっとシビアな遅れ方だったようです。

 

 

 

この頃には少なからずパチスロを経験していた舐ちゃんによると、“遅れ”とホール設備が連動してボーナスを告知してくれるホールがあったのだとか。
そう捉えると“遅れ”はある意味完全告知の先駆けですね。

 

 

 

“遅れ”と言えば4号機「花火」

 

パチスロがホールの主役になったのは4号機からなので、“遅れ”を有名にした機種といえばユニバの4号機「花火」「大花火」です。

厳密に言うと、

 

花火=遅れ
大花火=間延び

 

です。

 

これを間違えると4号機おじさんから総スカンを食らってしまいますので気を付けましょう。

 

 

 

どちらも現在と同じく始動音の遅れによる演出でしたが、

遅れ=小役orボーナス

です。

 

 

小役否定でボーナス確定となる演出として多くのスロッターに認知されました。

 

 

4号機以降、たくさんのメーカーで“遅れ”が演出として取り入れられ、昔ながらのシンプルかつ激アツな演出として現在に引き継がれる演出になっています。

 

 

 

 

5号機で“遅れ”を1番楽しめる機種も当然「ハナビ」

 

現行のパチスロで“遅れ”を楽しむとすれば、5号機の「HANABI」を外すわけにはいきません。出目や2コマハズシの継承だけでなく、“遅れ”も4号機当時と同じように楽しめる神台です。

 

 

 

 

慣れるまで“遅れ”に気づかないかもしれませんが、打ち込めば必ず違和感に気づく遅れ方をするので、中級者なら気づいてあたり前。遅れに気づいてから変則打ちをすることによって、ボーナスフラグを察知する奥深い面白さにヤミツキになれます。

 

 

ハナビの“遅れ”の楽しみ方は以前取り上げた記事に詳しく紹介しています、興味のある方はコチラをご覧ください!

 

 

 

ユニバの“遅れ”は特に強い!

 

4号機おじさんに混ざってハナビを打つのはちょっとハードルが高い!といった5号機世代におすすめな“遅れ”がアツい機種はゴッドシリーズです。「アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-」と「ミリオンゴッド-神々の凱旋-」にも、“遅れ”がとても重要な演出として引き継がれています。それは、ハナビと同じように4号機「ミリオンゴッド」でアツかったからです。

 

 

 

トロピカーナから始まり、ここまで“遅れ”はユニバ機種ばかり。メーカーとして伝統の演出“遅れ”を大切にしている姿勢に、舐ちゃんはご満悦でした。

 

 

 

 

 

アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-

 

 

通常時の“遅れ”は確定役やモード示唆で、普通の演出の1つとして捉えられる程度なのですが、AT中の“遅れ”が激アツ!遅れた時点で3ケタ上乗せor紫7以上の確定役なのです。

 

ちなみに、

 

ヘルゾーン中…GOD揃い

ジャッジメント中…3桁上乗せor確定役

GG中…3桁上乗せor確定役

 

です。

 

 

 

 

ミリオンゴッド-神々の凱旋-

 

ゴッド凱旋の“遅れ”は確定役成立時の演出の1つとして搭載されています。演出振り分けの中でも遅れが選択され易いのが特徴です。たとえ“遅れ”でハズレだったとしても、高モードに期待できるのは、「遅れ=アツい」の法則を殺さないニクい仕様ですね。

 

赤7・GOD成立時の演出振り分け※通常時

赤7揃い GOD揃い
5.5%
竜巻 5.5%
図柄巨大化 8.2% 4.1%
神の雷 10.9% 8.2%
太陽の戦車 13.9% 11.4%
天空の扉 21.9% 16.4%
チャンスボタン 21.9% 16.4%
遅れ 10.9% 16.4%
プレミアム演出 1.4% 2.1%
レバーオンフリーズ 18.8%
第一停止フリーズ 6.3%

 

遅れ+PUSHボタン第一停止フリーズ時の振り分け

通常時 AT中
演出なし 15.6%
砂嵐 3.1% 18.8%
3.1% 18.8%
3.1% 18.8%
12.5% 15.6%
アルテミスの矢 12.5% 15.6%
吹雪 12.5%
竜巻 12.5% 15.6%
遅れ 25.0%

 

 

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT ©MIZUHO