SPECIAL

二見りょうの「回胴新時代」vol.8

 

第8回 諦めたらそこで稼働終了

 

 

8月某日

 

スタートダッシュに失敗した8月でしたが、前半戦が終わる頃から怒涛の連続ツモで一気に収支が大きく浮上。ここからもう一発二発と連続でツモることが出来たら、今月一気に楽になれるなというところで訪れた大チャンスの一戦。何が大チャンスなのかというと、狙いの根拠的にハナハナでそれなりに台選択出来れば98%以上の確率でツモれる自信があったということ。

 

そんな実戦ホールの入場方式は抽選機による抽選での入場

 

ここまで狙い台に自信を持てる日なんて、一年に一回あるかどうか。「パチスロの神様~どうか明日以降クソ番が少しくらい続いてもいいので、今日だけはどうか良番を引かせて下れ~」と、今年一番の気合いを左手に込め、「なんとか200番以内でお願いします!(約500人中)」と、中指の骨が折れても良い覚悟で抽選機のボタンをプッシュしたところ、出てきた数字は…

 

351番!!!

 

ハナハナの設置台数的に完全アウトな番号。溢れる涙を必死に抑えながら、「こんなことがあって良いのか~!!!」と(心の中で)叫ぶ二見。

 

おかしい。今日に限っては間違いなく日本一、いや世界で一番の気合いを入れて抽選を引いたはずなのに(涙)。「遠隔や~、パチスロの神様なんておらんわ~」と不貞腐れながら(心の中で)叫びつつ、列の後方に並んでいた友人K君にLINEでクソ番の報告をする。

 

 

今日という日にクソ番を引くショックの大きさを共感してくれるK君の図。
351番と書いてある入場順番券を眺めながら放心状態の二見。勿論、他にも狙い目はあるホールでしたが、98%以上の期待度を逃した無念の気持ちばかりが溢れ出し、何も考えられない。すると程なくして、K君から抽選結果のLINEが送られてくる。ここ数日クソ番が続いていたK君。この勝負所でそろそろ良番を引き当ててそうだなとLINEを開いてみると。

 

 

 

まさかの457番(涙)

 

非常事態からの白目ウサギ連発からも彼が如何にショックを受けていたかが分かると思う。彼も同じく98%の期待度はあると考えていたと思うし、更に最後方付近からのスタートとなると、他の機種でも苦戦を強いられるのは必至。そりゃ白目ウサギも連発したくなる。

 

と、K君からのこの無念の457番の報告を受け、我に返る二見!

 

そう、約500人の中で351番。言うてもまだ後ろに150人いるんだ。351番なら最後尾の方に比べたらチャンスは多いはず。この351番をいかに活かすか。これも何かの巡りあわせとポジティブに捉えよう。全体的に頑張っているホールだし、どこかに突破口はあるはず。かくして、最大限の力を発揮させるにはどうすればいいか、開店までの45分間、コンビニのトイレに籠っている間も全力で考える二見。

 

ここで閃いたのが、『この日は特にハナハナコーナーを目指して向かっていくユーザーが多いはず』ということ。となると、その流れでハナハナが満席なら別のパチスロと流れていく割合が少なからず高まりそう。間違いなく250人以上は向かうであろう飽和状態のパチスロコーナーであたふたするより、パチンココーナーにチャンスがあればパチンコ勝負にするのが得策と判断。ちなみに、入場口からパチスロコーナーは一番遠いところにあるので、パチスロコーナーからパチンココーナーへ移動するにはわざわざUターンしなくてはならない島構造となっている。

 

で、パチンコ勝負もアリかなと考えたところで思い付いた機種が天龍。

 

 

このホールの天龍なんですが、数日前に扱いの良い時期がアリ、そこから数日間やや厳しめの回収、そこからここ二日間、3万発、4万発級のプラス台が複数台出現と扱いが良くなっていたのを確認していました。これは特定日へ向けての布石、ハナハナはもとより全体的に出してきそうな雰囲気漂うこの特定日に、この流れから全台回収調整なんてことは無いはず。

 

以上の理由から二見なりにこの351番を最大限活かすには天龍狙いがベストと判断し、いざ入場。やはり多くのユーザーはハナハナコーナー、そしてパチスロコーナーを目指している模様。して、肝心の天龍のシマはというと…。読み通り選びたい放題!サササと釘をチェックして、気になる一台を確保し打ち始めること1回転目。まさかの三段目まで到達。そして、そのまま1回転で大当たりゲット!今の玉の動きは凄い良さげだったし、何よりお宝台が存在する可能性のあるこの日に1回転で当たること自体に期待が持てる。腰を据えて続行を決意したこの台の実戦結果は。

 

●一段目突破率 : 103/256(40.0%)

●二段目突破率 : 28/103(27.0%)

●三段目突破率 : 11/36(31.0%)

●1000円あたりの回転率 : 2.09

 

クルーンは程々だったんですが、1000円あたりの回転率が2回転以上と超優秀だったこともアリ、獲得した玉数は39,500発となりました。この台の期待値がこの出玉通りとなるなら、ハナハナの設定6を打つよりも高い期待値の台に座れたということに。結果的には、絶望を感じクソ番だと思っていた351番を良番以上に価値のあるモノに変えることが出来ました。ちなみに457番をゲットして白目ウサギを連発させていたK君も、しっかりハナハナ以外の根拠を見つけ出し、マイジャグ4の6らしき台で4,500枚獲得しておりました(笑)。

 

抽選が悪くても諦めたらダメ絶対!!!

 

ということを強く感じさせられた一日となりました。

 

 

 

【ブログ】スベリスク二見りょうのパチスロサバイバル〜SANAGI〜

【twitter】@nangokuwamusi