SPECIAL

沖ドキ!バケーションで立ち回り改革ッ!

あなたはまだ「沖ドキ!バケーション」の魅力に気付いていない。設定看破のしやすさと高設定の安定した挙動、何よりもドキドキゾーン中の楽しさ。

沖バケの知識を身につければ、あなたの立ち回りはぐっと変化します。知識を身につけて、賢く楽しく沖バケで立ち回りを改革しましょう!

 

 

設定看破、設定6挙動、ドキドキ中の法則

沖バケの魅力と立ち回り術を紹介!

「沖ドキ!バケーション」は当りやすいボーナス確率と豊富な設定看破要素が魅力です。この記事では、沖バケを打つ上で覚えてくべき設定看破要素や、設定4と設定6を見極めるポイント、そしてドキドキゾーン中の楽しみ方を紹介します。

 

 

01 設定看破要素を覚えよう!

トータルRB出現率に注目

沖バケのRBは当選契機を正確に判別するのが難しいので、トータルRB出現率の数値で判別するのがおすすめです。

設定 トータルRB出現率
設定1 1/343.1
設定2 1/326.0
設定3 1/307.7
設定4 1/288.7
設定5 1/269.7
設定6  1/241.8

 

 

小役カウントで精度アップ

通常時の小役はカウント必須。設定に応じて段階的に設定差が設けられています。そのため、50枚で回せる理論上のゲーム数は設定1で32G、設定6で35Gと50枚あたり3Gもの差が生まれます。設定推測はサンプルが取りやすいベル・チェリー・スイカの3役をカウントし、その合算に注目すれば設定推測の精度が上がります。

設定 ベル・チェリー・スイカ

の3役合算出現率

設定1 1/6.50
設定2 1/6.30
設定3 1/6.08
設定4 1/5.94
設定5 1/5.85
設定6 1/5.75

 

 

 

ボーナス中はBB中の中段ベルで奇偶判別

BB中の中段ベル出現率は奇偶で設定差が存在します。BB1回の消化ゲーム数は24Gなので、1回のBBで2回以上中段ベルが出現するようならば偶数設定の可能性が高くなります。

設定 BB中の中段ベル出現率
設定1・3・5 1/16.0
設定2・4・6 1/12.0

 

 

RB中のセリフが「いっぱい出してね」は6確定!?

RB中は左リール中段に七絵柄をビタ押しすればセリフが発生します。発生したセリフが「ドッキドキー」ならば設定4以上が確定し、「いっぱい出してね」だと設定6が確定します。

 

 

 

02 もう設定4に騙されない!大量データから設定6を見抜く!

沖バケを攻める上で注意したいのが設定4の存在です。朝イチの展開は設定6と類似するパターンがよく見受けられるため、設定6と思い込み打ち続けていると気がつけば設定4の近似値に。なんてことも…。そこで大量のデータから設定4と設定6を見極めるためには何に注目すべきかを検証しました。

 

安定の6、不安定の4

小役で350枚もの差!

グラフをみると、設定6は安定してプラスになり、設定4はマイナスで終了することも…。注目は設定6のグラフ2と設定4のグラフ1のデータ。通常ゲーム、BB回数、RB回数が同じなのに小役による獲得枚数の差で350枚も違います。つまり設定4に騙されないためには小役カウントが最良の手段といえそうです。

 

 

 

 

 

03 ドキドキゾーンの法則を知って楽しもう! 

予告音発生時は

停止する出目に注目

予告音が発生した場合、停止音の変化が続くほどボーナス期待度が高くなり、第3停止まで続けばボーナス濃厚。またボーナス期待度は停止音変化+出目で知ることができ、第2停止まで停止音が変化+リプレイ単独テンパイの出目だとボーナス期待度は約80%にまで上がります。この法則を知っていればドキドキゾーン中がぐっと楽しくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

沖バケを大切に使っているホールは多いです。特に設置台数が多いホールは日頃から高設定を使っていることも取材でわかっています。知識を付ければ沖バケは立ち回りの候補に入ります。「沖バケを攻める対象に入れる」、そんな立ち回り改革をしてみてはいかがでしょうか。

 

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

※数値はすべて編集部調べです。