SPECIAL

舐ちゃんに叱られる!【4号機おじさんのパチスロ豆知識】

「リールはどうして4コマまでしかスベらないの?」(第一回)

 

パチスロ大好きの舐ちゃん(スロリーマン舐太郎:御年四十六歳)は、最近イライラしています。それは、おこづかい制でパチスロを打てない、いわゆるひとつの“4号機おじさん”なので、リーチ目やリール制御にこだわらずに打っているスロッターが許せないのだとか。

 

 

 

 

今回は舐ちゃんにこんなメールが届きました。

 

 

29歳会社員:ようせい さん(編集部)

「僕はアンリミテッドリールが大好きでした。あの台はいっぱいスベるのに、なんで普通のパチスロは4コマまでしかスベらないのですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スベリのコマ数はさておき、アンリミテッドリールのフレーズに舐ちゃんは怒ります。4号機おじさんとしては、ここでドリームリールと言われないことが気に入らなかったのです。

 

ドリームリールの説明は後述しますが、まずはパチスロが4コマしかスベらない理由を紐解いていきましょう。

 

 

 

 

単純明快!4コマスベリのワケ

パチスロが4コマまでしかスベらないのはひとことで言ってしまえば規則で定められているからです。

 

 

規則には、

回胴の回転は、回転停止装置を作動させるためのボタン、レバーその他の装置を操作した後、190ms以内に停止するものであること。(中略)

 

 

と記載されています。

 

 

190msとは0.19秒のこと。停止ボタンを押してから0.19秒がスベリの限界なのです。ついでに説明するとリールの回転は1分で80回転以内と定められているので、現在パチスロは0.78秒で1周する作りになっていて、リールのコマは21を超えてはいけない規定なので21コマが主流となっています。

 

※ハナビのリールです。

 

21コマのリールなら1コマあたり0.037秒となるので、停止ボタンの規則を守るためには、0.19秒でおよそ5.1コマまでとなります。しかし、ここで「5コマスベリまで出来る」と思ったら大間違いです。

 

 

1つ手前の図柄が過ぎた瞬間と5コマ目の図柄までスベらせるとしたら、0.19秒を超えてしまいます。

 

このような理由で4コマスベリが限界というワケです。

 

 

 

 

もっとスベる機種ってどうなっているの?

パチスロ輪廻のラグランジェ、パチスロ蒼天の拳2、パチスロアラジンAⅡに搭載されたアンリミテッドリールは、左リールのみ自由自在な動きをします。これは見た目上の左リールが演出用の4thリールで、本物のリールは右側に1コマ見えているものなのです。
偽物だから4コマスベリ以上の動きをしても問題ないってワケですね。

 

※パチスロ輪廻のラグランジェのリールです。

 

 

 

舐ちゃんが好きなドリームリールとは?

4号機おじさんの舐ちゃんが言う「ドリームリール」とは、アンリミテッドリールを生み出したSammyが4号機時代に生み出したもので、「キングキャメル」で初搭載されました。大きなリールが3本とも演出用で、本物は上のミニリールなので、21コマスベリや高速回転が出来ました。アラフィフに突入した舐ちゃんには常識なほど当時のスロッターに衝撃を与えた機種です。懐かしいと思った人はもう立派な4号機おじさんの仲間ですよ。

 

 

 

 

 

ボーナスが自動で揃う5号機の仕組みは?

パチスロ北斗の拳 強敵、パチスロ交響詩篇エウレカセブン2、沖ドキ!などは、擬似ボーナス突入前に7図柄を目押ししなくても大きくスベって自動的に揃います。これらはフリーズ演出の1種で、演出中のリールの動きなので停止ボタンを押してから0.19秒には当てはまらないのです。

 

 

 

5号機になってしばらく経った頃に規制緩和され、フリーズ演出が出来るようになったことからの発展系の演出ですね。元々フリーズは演出用の待ち時間の解釈なので、擬似ボーナス発動前の待ち時間としての図柄自動停止は正しいフリーズの使い方なのかもしれません。

 

 

 

 

4コマスベリを楽しめる機種は?

4コマスベってアツい出目が止まるのは、リーチ目世代の舐ちゃんとしては至高の演出です。最後に、5号機世代に贈る4コマスベリが楽しい機種を紹介しましょう。

 

 

バーサス
アクロス

1消灯のみならリプレイとスイカを否定するから2確!

 

 

 

パチスロディスクアップ
Sammy

 

 

 

新世紀エヴァンゲリオン~まごころを、君に~2
Bisty

 

 

 

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

©Sammy

©カラー/Project Eva. ©Bisty