SPECIAL

パチンコ産業物語【パチンコ歴史学】

第4回 99年基準機登場まで(1995年~1999年)

 

<第1回 パチンコ誕生からセブン機まで>はこちら

<第2回 フィーバーブームからCR機登場前まで>はこちら

<第3回 CR機の時代へ>はこちら

 

CR機の時代に移行してからは、主に確変終了後に時短が付くタイプが主流となっていきます。それと同時に射幸心を煽る社会的不適合機の自主撤去が進みました。2016年に大当り確率1/399のマックスタイプが撤去されましたが、それ以上にパチンコ業界に激震が走った出来事で、1995年には3000万人近く存在していた参加人口が1998年には2000万人にまで減少しています。

 

 

日本が震れた1995年のパチンコ業界

1995年は、1月17日に阪神・淡路大震災が発生。3月20日には地下鉄サリン事件が発生するなど、日本中が震撼する事態となりました。パチンコ業界はその余波によって、部品をたくさん必要とされる羽根モノが衰退するきっかけになったと言われています。

 

そんな中でも1995年から翌年にかけて、名機と呼ばれる台が続々誕生しています。

 

CRギンギラパラダイス

三洋物産(1995年)

現在の海物語シリーズの起源であり、マリンちゃんが初登場した権利モノ。横スクロールの演出や魚群予告などの演出面だけでなく、出玉面も好評でロングヒットとなりました。

 

 

CR大工の源さん

三洋物産(1996年)

2回ループ確変の代表機として抜群の出玉が人気を集めた名機。2回連続で通常図柄揃ってしまった後も時短100回が付く仕様でした。

 

 

CRモンスターハウス

竹屋(1996年)

かわいいキャラクターのほか、ツルツルアクションの連続予告や図柄再抽選などで人気を集めた竹屋の名機。大工の源さんと同じく当時は珍しかった確変終了後の時短100回が付きます。

 

 

パチンコ業界に激震が走ったのは1996年以降だった

1996年には前述した社会的不適合機の自主撤去が始まり、4段階にわけて検定通過から3年が経過したみなし機が撤去されました。麻雀物語、CR花満開、フルーツパンチ、ソルジャー等、90年代のヒット機種の多くが撤去リストに名を連ね、約70万台もの台が撤去されることになります。

 

さらに内規が変更され、大工の源さん等に搭載されていた2回ループの廃止、大当り確率1/360+5回リミッター、時短廃止などの厳しいスペックの制限によって人気が低迷します。
一方パチスロでは、大量獲得機やCT機が登場して、パチスロ4号機の人気に火がついた頃で、1999年にはパチスロ設置台数が100万台に達しました。

 

 

1999年リミッター上限撤廃され再びパチンコに光が差す!

内規変更前の機種ばかりが人気を集める状況でしたが、「CRがきデカ」「CRルパン三世」などの人気コンテンツとのタイアップ機の登場や、潜伏確変といった新たなゲーム性が誕生するなど、演出面が大きく発展。そして1999年、待望の内規が「99年基準機」に緩和され、5回リミッター上限撤廃でついにパチンコが復調の兆しをみせ始めます。

 

さらに99年基準機には、確変状態を回転数で決定できる「ST」が実装可能となりました。

 

この頃に大ヒットとなった機種がご存知「CR海物語」です。

 

 

CR海物語

三洋物産(1999年)

CRギンギラパラダイスのデジパチ版として登場。最初は5回リミッターで登場したのにもかかわらず大ヒットを記録したうえ、99年基準機で登場するとさらなる人気を集めました。

 

 

 

99年基準機は、タイアップ機ブームと液晶の進化と重なり、様々なデジパチを生み出しました。

 

 

CRフィーバーゼウス

SANKYO(1999年)

内規が緩和されて登場した99年基準機第1弾。リミッターがなくなったことだけでなく、宇宙を舞台にした綺麗なリーチの数々も人気の要因でした。

 

 

CRフィーバーゴースト

SANKYO(1999年)

モンスターが活躍する縦スクロールの99年基準機で、演出やスペックのバランスが人気を集めました。

 

 

CRゴジラ2

ニューギン(1999年)

TM&©1954,1964,1965,1968,1972 TOHO CO.,LTD. 企画タカラ

昭和を代表する怪獣とのタイアップ機。最初は5回リミッター付きで導入され、後に99年基準機として登場することになります。

 

 

CRどきどき愛LAND

Daiichi(1999年)

飯島愛とのタイアップ機として登場。リーチ中には水着姿も披露しています。

 

 

CR C.C.ガールズ

京楽(1999年)

©オスカープロモーション

C.C.ガールズとのタイアップ機として登場。リーチや大当りラウンド中に水着姿をふんだんに披露しています。

 

〈第5回へつづく〉

 

参考文献

日本遊技機工業組合<http://nikkoso.jp/>(参照2018-8-1)
パチンコ必勝ガイド編著『パチンコ歴史辞典』アド・サークル監修・資料協力,ガイドワークス,2017年

牧野哲也著『日本なつかしパチンコ大全』辰巳出版株式会社,2018年