SPECIAL

必勝祈願! 縁起がいいパワースポットに行ってみた!-岐阜編-

パチンコ・パチスロ遊びに重要なことは情報と知識であることは、このWEBサイトを見ている方なら熟知しているでしょうが、今回はもう一つの重要なファクターである「運」をピックアップします。

 

今の時期で岐阜県の話題といえば、このうだるような暑さ。多治見市は日本一暑い町の常連で今年も例年のごとく暑い。多治見市だけでなく岐阜県、いや東海地方、いや全国が暑い。こんな暑いと、せっかくの休みでも家から出たくないですね。しかし、そんな時だからこそパワースポットへ行ってスピリチュアルを感じ取って活力にしましょう。

今回は戦国時代の逸話が多く残っている岐阜県へ行ってきました。岐阜県のパワースポットは数多くありますが、パチンコに適したパワースポットといえばここでしょう。

 

 

 

 

 

 

手力雄神社

岐阜県各務原市那加手力町4

058-382-3383

http://www.tezikarao.org

 

 

今回は名古屋から車で向かいました。電車だと名鉄各務原線「新那加」かJR高山本線「那加」になるのですが、距離があるので車での参拝をお勧めします。境内には駐車場が完備されています。

 

 

この神社は

勝運」「開運

のご利益があると言われております。

 

主祭神は手力雄神になります。この手力雄神とは日本神話に登場する神様で岩戸隠れの際にアマテラスが顔をのぞかせた時にアマテラスを引きずり出して世界に明るさを戻したとされています。

この手力雄神社がなぜ「勝運」「開運」にご利益があるのかというと、かの有名な戦国武将と深く関わりがあるからなのです。

 

 

 

 

 

 

その人物とは

織田信長

(1534年6月23日-1582年6月21日)

 

 

織田信長と手力雄神社の関係

美濃攻めの際、木曽川を越えて金華山を眺めることのできる各務原台地北西の角に当たり地理的にも要所として考えられました。新加納に攻め入った信長は、手力雄神社へも攻め入ってきました。参道を進むと、急に境内に霧が立ちこめ息苦しくなった信長は馬から落ち、体が動けなくなってしまいました。まさかの出来事に驚き、ご神威(神様のお力)に触れ、今後二度と神社に矢を向けないと誓うと、霧はたちまちに晴れ、信長は動けるようになりました。神前にて稲葉山城(今の岐阜城)攻略の戦勝祈願をした後、永禄10年8月、斉藤氏を滅ぼし稲葉山城を攻略を果たしました。

 

 

 

 

最終的に稲葉山城を攻める際に必勝祈願をした神社ってことですね。そのことから「勝運」「開運」にご利益がある神社と崇められている訳ですね。

 

境内には織田信長の顕彰碑も祀られています。そのことからも深い関わり合いがあるようです。

 

 

 

まずは拝殿へ参拝しましょう

拝殿の奥にある本殿は各務原市の《市重要文化財》になります。さらに拝殿前に鎮座する石造りの狛犬は岐阜県の《県重要文化財》に指定されている貴重なものです。たくさん勝運を頂きましょう。

 

 

 

さらに拝殿裏にある龍の雌雄なる彫刻は必見です。より強いパワーを貰えるので参拝した際は忘れずに見ておきたいですね。この龍の雌雄も各務原市の《市重要文化財》に指定されています。

 

 

同じ境内には稲荷神社もありました。こちらも逃さず参拝しましょう。

 

 

 

信長も不思議な体験したとされるパワースポット。グランドリニューアルや年一などの勝負の日の前に参拝して「勝運」を頂きましょう。

 

 

 

 

後書き

この手力雄神社に尋ねる際に間違って岐阜市にある同じ名前の「手力雄神社」に行ってしましました。車の名前検索でヒットしたので安易に行ってしまったのが原因。岐阜市の手力雄神社も十分ご利益があるので大丈夫なのですが、予定していた場所に行けないのは悲しいですからね。皆様もお気をつけて。ただし、2つの手力雄神社の距離は近くて、車で10分程度でした。

 

 

 

龍の雌雄の彫刻を場所が分かりづらい。境内をぐるぐる回っても分かりませんでした。そこに近くに住んでいるであろう男子小学生3人組が虫あみを持って走り回っていたので場所を尋ねると、快く案内してくれました。ありがとう小学生の3人。場所は拝殿の横に潜る場所があるのでそこを通っていきましょう。