SPECIAL

【ひぐらしのなく頃に】聖地巡礼~パチンコをより楽しむために~ 出発編

アニメやゲームとタイアップして登場することが多くなったパチンコ。

パチンコを打ってそのコンテンツにハマる方も多いのではないでしょうか。

そんなタイアップパチンコをもっと楽しむために今回パチンコウォーカー編集部が企画したのはこちら!

 

 

企画

タイアップされたコンテンツの「聖地巡礼」をしてみよう!

 

 

「聖地巡礼」。この言葉最近ではよく耳にするのではないでしょうか。

 

元々「聖地巡礼」とは宗教において重要な意味を持つ聖地に赴く宗教的な行為ですが、現在よく使われる意味合いとしてはアニメや漫画などの作品において物語の舞台やモデルとなったゆかりのある場所を「聖地」と呼んで訪問することを指します。

 

 

原作ファンなら一度は行ってみたいと思う聖地巡礼。

 

パチンコファンだってあのリーチやあの予告のモデルとなった場所があるなら見てみたい!

パチンコ聖地巡礼をすればもっとパチンコを楽しめるのではないのか!?

 

と思い、パチンコファンによる「聖地巡礼」を実際にやってみました。

 

今回取り上げるコンテンツは

 

 

「ひぐらしのなく頃に」

 

 

です。

 

 

作品はコンピューターゲームが始まりでアニメ化もしています。

内容は架空の村落「雛見沢村」を舞台に古い因習「綿流し」を軸にして起こる事件を中心としたストーリーです。

 

 

細かく説明してしまうとまだ見ていない人にネタバレしてしまうので、気になる方は是非作品を見てください。

 

 

パチンコは1番新しいものでDaiichiさんから「CRひぐらしのなく頃に~叫~」がリリースされています。

 

では本題に戻ります。

この登場する架空の村落「雛見沢村」が今回聖地巡礼で向かう場所です。

架空とありますが風景のモデルとなった場所があり、多くのひぐらしファンがそこに訪れています。

 

それが岐阜県飛騨地方にある「白川郷」です。

 

こちらは世界遺産にも登録されていて、「合掌造り」と呼ばれる日本の住宅建築様式の一つが集落として存在しています。

ひぐらしの聖地だけでなく一般の観光地としても有名です。

 

 

名古屋から白川郷へ車で行くと約166kmかかるのでなかなかの長旅です。

残念ながら一緒に行ってくれる人がいない編集部員ようせいは一人計画をたてて3連休の初日に「聖地巡礼」することに決めました。

 

今回は日帰りなのであらかじめ行きたいところを押さえておこうと思います。

 

「聖地巡礼」で見たいポイント3つ

 

ポイント1

前原邸

 

ポイント2

古手川神社

 

ポイント3

雛見沢村全体

 

こちらが今回の見たいポイントの3つです。

 

他にもいろいろな見所はありますが、時間の限りもありますのでここだけは見ておきたいところを選抜しました。

 

準備も完了していざ決行日。

車に乗り込み長い旅が始まります。

 

名古屋から高速にのってそのまま岐阜高山を目指します。運転しているとだんだん山や木が多くなって遠いところに来た感じにワクワクしてきます。

建物がほとんど見えず、植物と空と太陽が綺麗です。

 

 

…そんな状態で1時間半ほど止まっていました。

 

 

はい、渋滞に巻き込まれています。

 

 

 

いくら綺麗な景色でも一人で見続けるのは30分で十分満足です。

 

シンプルな海物語の海モードですらちょっとした予告で楽しませてくれるのに、一切動かない前の車とフリーズしたかのように変わらない風景にちょっとげんなりします。

 

 

 

とはいえ渋滞が動き出すと到着まではあっという間でした。

まずは最初の目的地「前原邸」です。

 

こちらは道の駅白川郷のすぐそばなのでまずは道の駅に駐車。

 

 

到着したのは名古屋を出発して4時間以上たった昼過ぎ。

疲れた体を伸ばしながら「前原邸」を目指します。

 

道の駅白川郷の裏手、第二駐車場の向こう側にそれらしき建物が。

 

木でわかりにくいですがあれは…

 

やはり、「前原邸」です!!

これが「CRひぐらしのなく頃に~祈~」のリーチ「鬼隠し編 疑心」で圭一がおはぎを渡されて食べた場所か。

 

 

ちょっと撮影した角度が違いますが間違いなくモデルとなった場所でしょう。

とても似ています。

 

建物自体の大きさと自然の中に佇むその存在感は圧巻です。

個人的には「鬼隠し編 疑心」リーチは当てた事がないリーチなのでこの参拝を機に当ててみたいものです。

 

 

周りに誰もいない駐車場からぼぉっと眺めていましたがこの日はかなり暑かった(最高気温36℃)ので長時間眺めることはできずにほどほどで移動します。

 

この道の駅白川郷の付近にはもう一つ、ひぐらしのモデルになった場所があります。

それがこちら。

 

祭具殿です。

見て分かる通り現在工事をされていてはっきりとは見えなかったので、また工事が完了次第見てみたいところです。

古手川神社とは離れた場所にあるので場所を間違えないように気をつけましょう。

 

 

一通り見たので次の場所に移動します。

続いては白川郷のメインとなる合掌造りの集落へ向かいます。

トンネルを抜けて「出会い橋」と言う橋が近くにある駐車場に移動します。

いくつか周りに駐車場がありますが、こちらは駐車スペースも多かったので駐車しやすいと思います。

 

タオルを首に巻いて準備万端、気合を入れていざ歩き出します。

 

まずはであい橋とご対面。

 

 

高所恐怖症な私だとちょっと渡るのに勇気がいりそうな橋です。

しかし渡らなければ始まらないので

いざ!!

 

 

 

めっちゃ怖い…

 

周りはさくさく歩いていきますが高いところが苦手な方は注意が必要です。

 

本当ならワイワイしながら通る橋で一人キャイキャイしながら渡れるほどメンタルが強くない私は大人しく一人ビクビクしながら橋を渡りきります。

 

そして渡りきった先には…!!!!

 

 

 

 

…と盛り上がって来た所ですが、今回はここまでとなります。

次回は橋を渡った先にある集落を巡っていきます!

お楽しみに!

 

 

最後に聖地巡礼の時に大切な心構えを一つ。

※勝手に侵入するなどの迷惑行為は絶対にしないようにしましょう。

遠くから眺めるだけでも十分楽しめるので常識を持った行動をしましょう。

 

 

©2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通 ©2007竜騎士07/雛見沢御三家 ©2009竜騎士07/雛見沢御三家