SPECIAL

二見りょうの「回胴新時代」vol.1

第1回 二見ご挨拶&5.9号機実戦!

 

「回胴新時代」をご覧の皆様、この度、当サイトにて連載をさせて頂くことになりました二見りょうです

 

始めて二見の連載をご覧下さった読者さん、はじめまして!
そして、パチンコウォーカー誌面の方で過去に連載を見て下さっていた読者さん、お久しぶりです!

 

 

昔から二見のことをご存知という方は、二見がどういったパチスロライターなのかを把握して下さっていると思いますが、新たにスタートしたサイト

ということで、はじめましての方も多く居られるかもしれませんので、まず二見がどんなヤツなのかの紹介と、新たにスタートする連載ということで、当コラムの概要の方をお伝えしたいと思いまずワタクシ二見ですが、パチスロライターというお仕事に携わらせて貰う様になったのが約13年前

 

 

また昔の話なんかはいつかの機会に出来ればと思いますが、これまでずっとパチンコウォーカー誌面の方にてライター活動をさせて頂きました。
編集長を始め、パチンコウォーカーの皆さんには本当に感謝しかありません。

 

 

そんな二見のライタースタイルは、俗に言うところの攻略ライターというカテゴリーになるのかなと思います。
パチスロの勝ち方を世に伝えるという感じですね

 

 

生活の全てがパチスロ。
故に収入の全てがパチスロによるもの。※一部ライター収入空前絶後の超絶孤高のパチスロライター。
パチスロを愛し、てはいるが、パチスロに愛されているかは怪しい男!

 

 

ホール探し・設定看破・データ採り

 

 

全ての時間をパチスロに費やす男。

 

 

そう、我こそは!

 

 

フタミ~~~。

 

 

りょ~~~、てな感じでやり切ると見せかけて恥ずかしくなったのでやらない!!!

 

 

そう、こんな感じで、どこのどのライターさんよりも壮大にスベることを最も得意としているのがワタクシ二見でございます。
ひと昔前の流行ネタが原稿書きをしている最中に思い浮かんで来る辺りが二見クオリティーですな。

 

 

これ以上の苦痛は読者さんも耐えきれないと思いますし僕も耐えきれないので真面目に自己紹介に戻らせて貰いまして。
二見はパチスロ生活者であり、純粋にパチスロの勝ち方を伝えることが、自分のパチスロライターとしての役割だと思って日々取り組んでおります。

 

 

巷でいうところのパチプロってヤツですかね。
※パチプロという言葉は個人的には好きではないですけどね。

 

 

ただ、これだけパチスロとばかり向き合ってきただけはあって、パチスロで勝つ為の知識、そして経験値はそれなりに高いんじゃないかなと思いますし、それが自分の取り柄だと思います。
その自分の全てをこの連載にて皆様にお伝えし、少しでも皆様のスロライフのお役立ちになれればなと思います。

 

 

そんな当連載ですが、概要の方は基本的に実戦記事をお送りさせて頂き、時として、コラム調で現在のパチスロシーンに切り込む様な内容のモノを綴らせて頂こうかと思っております。

 

 

連載を続けていく上で、また新たな企画や、何かしらの変化は付けていくかもしれないので、宜しければ末永く気に掛けて下さると幸いです!

 

 

では、せっかく記念すべき一発目の連載ということですし、長々と自己紹介だけで終わるのもつまらないと思いますので、今回はサラっとですが、実戦記事の方をお送りしていきたいと思います。

 

 

連載一発目の実戦記事ということで、2018年、現時点で二見が最も溺愛する一台をピックアップ。

 

 

それが。

『パチスロFAIRY TAIL』

 

 

はい、そこの頭の上で「?」マークを点灯させて目が点になっている読者さん!
シャレじゃないのでしっかりついてきて下さいね~!

 

ファイリタイル?
何それ?
どんなタイル?

 

 

と、なっている読者さんも多いかもしれませんが、タイルではなくテイルで、ファイリではなくフェアリー。

 

 

そう、「パチスロフェアリーテイル」ですね。

 

 

サクッとこの台について説明させて貰いますと、全世界累計発行部数ですが…なんと6000万部!?

 

 

失礼しました。
そう、某週間雑誌で連載されていた超人気漫画でしたね。
ファイリタイルと読む人の方が圧倒的に少ないか!

 

 

ちなみに、僕はその某週間雑誌を10年以上愛読しておりますので、当然のことながらフェアリーテイルも読破しております。
そんな人気コミックのタイアップ機、そして5.9号機に希望をもたらす光として登場したのがパチスロフェアリーテイルです。

 

 

設定6の機械割は驚異の115%

 

 

5.9号機は出ないというイメージを、完全に覆す性能を持っていると二見は思います。

 

 

現に、二見の5月末時点でのフェアリーテイルの戦績が…。

 

 

+179,800円

 

 

となっております。

 

 

収支貢献度が高いこともさることながら、やはりフェアリーテイル一番の推しポイントはコレといっても過言ではないでしょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

からの~!!!

 

 

 

 

 

そう、オッパイ派の方には最高の仕上がりとなっております!
こんな最高の時間が通常時にたらふく味わえるなんて…。

 

 

ジュビアLOVE

 

 

とまあ、二見的溺愛ポイントの多いフェアリーテイルですが、やはり何と言ってもお気に入りのポイントは設定看破のしやすさ!
簡単というと語弊があるかもしれませんが、ART機にしてはかなり押し引きし易い部類じゃないのかなと思います。

 

 

ということで、軽く実戦報告しながらフェアリーテイルの注目ポイントを解説していきたいと思います。

 

 

まずは機種構成でガッツリと導入した新台入替の初日ホール。
5.9号機をこれだけ導入したということは、おそらくショールームでの手応えが相当良かったのか。
何にしても、疎かに使うということはホール的にも無いだろうと予想し、機械割115%ゲットのチャンスが現実的にあるなら狙うしかない。

 

 

設定看破も青BIGにさえ注目しておけばなんとかなるだろう。

 

 

そう、このフェアリーテイルの最大の設定看破要素、それが青BIGの出現率。
青BIGの確率は設定1で約1/461、設定6で約1/236と、設定1と6で約2倍もの差があります。

 

 

まーこれさえ見ておけば大丈夫だろうということで、ART初当たりの重さも忘れて勝負開始。

 

 

開始840G。

青BIGが2回、赤BIGが1回。

ヤメ(涙)

 

 

立ち上がりから青BIGを激しく連打している台が2台ほどあったのも早見切りの要因です。

 

 

そして、115%のチャンスがありつつもチャンスを逃したという哀しみに暮れながらも、しこしこ羽根物稼働に勤しんでいると、フェアリーテイルのシマで異変を感じる。

 

 

『なんだかシマ合算良くない?』

 

 

昼前頃になると、なぜだか全体的にボーナスが良い感じに。
勿論、二見がヤメた台も炸裂している(涙)

 

 

これ、もしかすると…。

 

 

台データをサイトで公開していたホールだったので、この時点でのシマ全体を足した総回転数、そして青BIGの総回数をデータから算出。

 

 

んで、シマの総回転÷シマの総青BIG回数。

 

 

したらば。

 

 

『1/220』

 

 

おいおいおい。
まだ昼前とはいえ、さすがにあれだけ設定差のある青BIGのシマ合算が設定6以上なのは異常事態でしょ。

 

 

なんとな~く、まだ発売ホヤホヤの新台だけあってか、そのシマの空気感から、オール高設定やオール設定6を疑っている打ち手は少ない様に感じる。

 

 

これはもしかしたらチャンスがあるかもということで、マメにフェアリーテイルのシマをチェック。

 

 

すると、シマ合算を計算してから約1時間後に空き台が!
しかも、計算すると普通に青BIGが設定6以上の出現率

 

 

これはシマ合算関係なく問答無用で勝負でしょうということで、羽根物をやめて再びフェアリーテイルのシマに舞い戻った二見。

 

 

したらば!!!

 

 

 

 

いきなり設定2以上確定演出出現!!!

 

 

この演出、通常時に突然出現する2択演出を3回連続で成功させると、キャラが何かしらの設定示唆演出を喋るというモノなんですが、この演出が意外と超重要。
なんと「実際の設定が設定2以上の場合」セリフを喋った時の4回に1回で設定確定系の示唆セリフが出るらしいです。

 

 

なので、もしもちょいと気になる空き台があったりした場合、2択演出が2連続で成功して空いていたりしたら、2択演出発生まで打ってみたりするのもアリかもしれませんね!
※2連続正解時は写真左上の枠内に〇が二つある状態で表示されています。

 

 

ということで、設定2以上確定演出が出たことと、シマ状況、この台の青BIGの出現率を踏まえた結果、打ち切る覚悟で続行しようと決断。

 

 

最終的に一日打ち切った台トータルの青BIG出現率は設定6以上、収支の方も+61000円と大逆転勝利!

 

 

一度捨てている時点で立ち回り点数は大幅減ですが、最終的にシマの青BIG合算を計算したところから勝機を見出せた点が報われた一戦となりました。

 

 

ちなみに、シマ合算は設定5と6の間でフィニッシュ。
オール設定5以上はあったかもしれませんでしたね。

 

 

と、ここから実はもう一本二本、フェアリーテイルの実戦を報告したかったんですが、文字数の都合上、残念ながら今回はここまでとなります(読者さん的には残念でない!?)。

 

 

もういっちょフェアリーテイル!というオッパイ派の方が居てくれましたら、ブログやTwitterの方にコメント頂けたら幸いです!

 

 

またこれからも読者の皆さんに少しでも立ち回りのお役立ちになれるような実戦をお送り出来る様に頑張っていきたいと思いますので、「回胴新時代」を宜しくお願い致します!

 

 

【ブログ】スベリスク二見りょうのパチスロサバイバル〜SANAGI〜

【twitter】@nangokuwamusi