SPECIAL

人気原作者別パチンコ化リスト 次はこの作品が来るかも!?

 

 

人気漫画とタイアップして作られることが多くなったパチンコ。

 

その中には同一の原作者が書いた複数のタイトルがパチンコ化している場合があります。

さらに2つ以上のタイトルがパチンコ化している原作者の漫画は、その後3つ4つとパチンコ化する傾向にあります。

 

つまり、2つ以上パチンコ化している原作者の漫画は今後パチンコ化していく可能性が高いと推測できます。

 

なので、2つ以上パチンコ化している原作者の漫画で、今後パチンコ化そうなタイトルを予想しました。

 

 

今回は「高橋 留美子先生」と「福本 伸行先生」の漫画でパチンコ化されている作品のジャンルと傾向を調べて、今後高橋先生と福本先生の漫画でパチンコ化しそうなタイトルを予想しました。

 

 

 

 

では早速見ていきましょう!

 

 

 

 

 

高橋留美子先生原作

パチンコ化来歴

 

高橋先生の原作でパチンコ化しているのは4作品です。

 

 

CRめぞん一刻〜約束〜

◎平和

 

 

2010年にパチンコ化。2017年に導入された最新作はシリーズ4作品となります。

原作は1980年から1987年まで連載。

アパート「一刻館」に住む浪人生の「五代 裕作」と管理人としてやってきた未亡人「音無 響子」の恋愛模様を中心に個性豊かな「一刻館」の住人や恋敵を巻き込みながら展開していくラブコメディ。

 

 

 

 

ぱちんこCRうる星やつら 電撃LOVE ATTACK 318ver.

◎奥村遊機

 

 

2001年に初のパチンコ化。その後2014年のシリーズ5作品目が登場した。

原作は1978年に週刊誌初掲載。その後1987年まで連載が続いた人気漫画。

高橋先生初の連載作品です。

浮気性の高校生「諸星 あたる」と宇宙からやってきた一途な美少女「ラム」を中心に街や宇宙、異次元を舞台に繰り広げられるラブコメを織り交ぜたギャグ漫画。

 

 

 

CRA羽根らんま1/2R

◎SANKYO

 

 

2011年にパチンコ化。その後2015年に2作目は羽根物で登場しました。

原作は1987年から連載開始。水をかぶると女性になってしまう「早乙女 乱馬」とその許嫁「天道 あかね」の恋愛模様を中心に格闘シーンやギャグを織り込んだ様々な年齢層で楽しめるラブコメディ。

 

 

 

CR犬夜叉JUDGEMENT∞EX

◎D-light

 

 

2018年に初のパチンコ化。

原作は1996年から2008年まで続いたファンタジー漫画。

タイムスリップした女子高生「日暮 かごめ」と半妖「犬夜叉」を中心に「四魂の玉」(シコンノタマ)を巡って妖怪たちとの戦っていきます。

作中では戦闘だけでなくかごめと犬夜叉を中心とした恋愛模様も描かれています。

 

 

 

 

 

以上が2018年現在でパチンコ化している高橋先生の作品です。

 

 

 

 

では本題のパチンコ化に期待できる高橋先生の作品を予想します。

 

過去の作品を見ると高橋先生の漫画は男女二人を主役に置いて、個性豊かなキャラクターたちで描かれるハートフルな作品が多くパチンコ化しています。

それらを踏まえて、現在高橋先生が書いた漫画のタイトルで次にパチンコ化を期待できるのはこちらではないでしょうか!

 

 

 

 

 

 

境界のRINNE

 

2009年から連載が始まり2017年に完結した作品。

「犬夜叉」の次に連載した高橋先生の1番新しい作品です。

 

原作は「六道 りんね」と「真宮 桜」の高校生男女二人が主役で他にも多くの個性的なキャラクターが登場するラブコメディ。

こちらの作品は前作の「犬夜叉」がハードかつシリアスな内容が多かったので過去作品の「うる星やつら」や「らんま1/2」のようにバトル要素を残しつつコメディ色の強い作品です。

 

高橋先生の作品では「めぞん一刻」や「うる星やつら」のように恋愛模様が強い作品と、「犬夜叉」や「らんま1/2」のようにバトル要素が強い作品がパチンコ化しています。

「境界のRINNE」はどちらにも近い作風なので、今後パチンコ化する可能性は高いのではないでしょうか。

 

 

内容も素晴らしい作品なので是非パチンコ化に期待したいですね。

 

 

 

 

では続きまして、

 

 

 

 

 

 

福本 伸行先生

パチンコ化来歴

 

 

パチンコCR弾球黙示録カイジHIGH&LOW

◎高尾

 

 

2007年にホールに登場してから2018年にも新作がリリースされた人気シリーズ。

原作は1996年から少し名前を変えながらも現在まで連載が続いています。

2018年現在は「賭博堕天録カイジ 24億脱出編」が連載中です。

自堕落な日々を過ごす「伊藤 開司」が友人の保証人となって多額の負債を抱えたことをきっかけに様々なギャンブルに挑んでゆくストーリー。

「ざわ・・・」などの独特な効果音も印象的な作品です。

 

作中にはパチンコも登場。そのストーリーをモチーフにしたパチンコもシリーズで作られていて、2017年にはカイジ沼編として3作品目がリリースされています。

 

 

 

PACHINKO CR闘牌伝説アカギ2 狂気の沙汰編

◎奥村遊機

 

 

2008年にパチンコ化され、シリーズは2作品発表されています。

こちらは「天 天和通りの快男児」のスピンオフ作品で、作中に伝説の雀士として登場した「赤木 しげる」を主人公として、若き日から築き上げてきた伝説を紹介しています。

原作は27年と言う長い月日を経て2018年に最終回を迎えました。

 

 

 

CR銀と金2

◎マルホン工業

 

 

2010年に初のパチンコ化。

その後シリーズ2作品目が2012年にリリースされています。

原作は銀王の異名を持つ裏社会のフィクサー「平井 銀二」とギャンブル中毒だったが競馬場で銀二に声をかけられたことから裏世界で生きることを決意する「森田 鉄雄」の二人を中心に描かれています。

政治家との駆け引きやギャンブル、さらには命をかけた死闘も演じている作品です。

 

休載という形で連載が終了していて、2018年現在も再開はされていません。

 

 

 

ぱちんこCR天・天和通りの快男児II 399type

◎奥村遊機

 

 

2011年にパチンコ化、2013年には2作品目もリリースされました。

1989年から2002年まで連載されていて単行本は全18巻。

麻雀が題材で、こちらには前述した「赤木 しげる」も登場しています。

主人公は「天 貴史」と「井川 ひろゆき」の二人で様々な麻雀勝負を経て成長していく姿を描いています。

 

 

 

CRF.覇王伝 零

◎SANKYO

 

 

2012年にパチンコ化された作品。

2007年に第一部の連載が始まり、2013年に第二部が終了しています。

第一部では義賊として世間を騒がせた少年「宇海 零」が大富豪「在全 無量」の仕掛けるギャンブルに挑んでいくストーリー。

ギャンブルの内容は生命、精神、肉体を賭ける究極のギャンブルが用いられています。

 

現在は休載していて第三部が待ち遠しいです。

 

 

 

パチンコCRワシズ 閻魔の闘牌

◎高尾

 

 

2015年にパチンコ化した「アカギ〜闇に降り立った天才〜」のスピンオフ作品。

「アカギ〜闇に降り立った天才〜」が「天 天和通りの快男児」のスピンオフなので、さらにそれのスピンオフと言う位置づけになりますね。

原作・原案協力が福本先生で作画は原 恵一郎さんが担当しています。

原作は2008年から連載が始まって、続編を経て2014年まで連載をしています。

「アカギ〜闇に降り立った天才〜」に登場する「鷲巣 巌」を主人公とした作品で鷲巣の若き頃を描いています。

 

スピンオフ作品は他にもあるので、いかに福本先生のキャラクターが魅力的なのかわかりますね。

 

 

 

 

以上が福本先生のパチンコ化した作品です。

 

では、福本先生の作品でパチンコ化に期待できるタイトルを予想します。

パチンコ化した漫画はどれもギャンブル漫画ですがバトル漫画のような演出をもちいてます。実際「銀と金」では戦闘が確変のメイン演出として使用されています。

 

それを踏まえた予想した作品はこちらです!

 

 

 

 

最強伝説 黒沢

 

2002年に発表されて2006年に完結。

その後2013年に「新黒沢 最強伝説」として連載が始まり現在も連載が続いています。

こちらは福本先生の作品で珍しくギャンブルを題材にしていない作品。

 

44歳の土木作業員「黒沢」が人生を変えようと奮闘する日々を描いたストーリー。

冴えない中年の日常的な悩みや人間臭いエピソードを中心に哀愁とギャグ・コメディーが特徴の作品。

その中にはバトルシーンも多く描かれていて格闘技理論や駆け引きが魅力的です。

 

 

バトルシーンがしっかりしているので、ギャンブル漫画ではないですが福本先生の作品でパチンコ化される可能性が高いのは「最強伝説 黒沢」ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は高橋先生と福本先生のお二人を紹介しましたが、複数の作品がパチンコ化している方は他にもいらっしゃいます。

北斗・慶次シリーズの原哲夫先生や、ヤマト・999を描いた松本零士先生など、有名な方々が多いのでまた紹介していきたいと思います。

 

 

パチンコ化されたタイトルは面白い作品が多いので是非原作を知らない方は読んでみることをオススメします。

原作を知ればさらにパチンコが楽しめると思います。

 

 

 

 

 

 

©高橋留美子/小学館

©高橋留美子/小学館

©高橋留美子/小学館

©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ2000&2009

製造元/株式会社 ディ・ライト

©福本伸行/講談社・VAP・マッドハウス・NTVD.N.ドリームパートナーズ

©福本伸行/講談社・VAPNTV

©福本伸行/竹書房・VAP4CastNTV

©福本伸行

©福本伸行

©フクモトプロダクション

©原恵一郎・福本伸行/竹書房