SPECIAL

【腰痛改善】痛み無縁のパチンコライフを送るための腰痛改善ストレッチ

パチンコを打つ姿勢がカラダの不調を招くことは前回の記事を読んで、理解していただけましたか?

 

まだ読まれてない方は前回の記事を読んで不調を引き起こすメカニズムを知りましょう!

まずは不調の原因を知ることが「痛み無縁のパチンコライフ」への第一歩ですよ!

 

 

 

前回記事

痛み無縁のパチンコライフ】パチンコを打つとカラダが辛くなる原因

 

 

今回からは、実際にパチンコを打ちながらできるストレッチについて紹介します。

 

教えていただく先生は菅整体院 院長 二川原先生です!

 

二川原先生のプロフィール/
愛知県名古屋市に、カラダの歪みから生じる様々な悩みを解消する『菅整体院』を開業。Craniosteopathy Therapist(頭蓋骨矯正)、Frame Adjustment Therapist(骨格矯正)、Reflexology Therapist(足裏・リンパ)の資格を持つ。

 

 

今回は、痛み無縁のパチンコライフを送るために用意したカリキュラムの2つ目

1つ目 パチンコを打つとカラダが辛くなる原因

 

2つ目 腰痛改善ストレッチ

 

3つ目 肩コリ改善ストレッチ

 

4つ目 眼精疲労改善ストレッチ

 

5つ目 首のコリ改善ストレッチ

 

「腰痛改善ストレッチ」について紹介します。

 

モデルになっていただいたのは菅整体院の整体師 三宮さんです。

 

 

 

 

血行不良を改善する腰痛改善ストレッチ!

腰痛の原因は骨盤の歪みや、姿勢の悪さ、筋力の低下など様々な原因がありますが、最も身近な原因は血行不良です。

 

パチンコを打っていると同じ姿勢が長時間続きます。この「姿勢がほとんど変わらない」状態が血行不良をまねいています。

 

だから、定期的にストレッチをして筋肉をほぐしてあげることが大切です。

 

今から紹介するストレッチで定期的に筋肉をほぐしてあげましょう!

 

 

上半身を前屈するストレッチ

①右の膝を曲げて左足の太ももにのせます

 

②両手を右の膝において、押すように力を加えます

 

③右足の方向に上体を前屈させて15秒間キープ

④反対側も同様に行いましょう

 

注意!

曲げた足の方向と逆に上体を前屈したり、前屈時に腰を丸めてしまうと効果がないので間違えないようにしましょう!

 

 

背骨をねじるストレッチ

①右足が上にくるように足を組みます

 

 

②右足の膝に左手を引っ掛けて上体を右にねじります。目線は前を向いたままで15秒間キープします

③反対側も同様に行いましょう

 

 

背骨を伸ばすストレッチ

太ももを抱えるようにして上体を倒します

つま先をたてるとより効果的になります。

足下に落ちたパチンコ玉を拾う時にこの姿勢を積極的にやってみましょう!

 

 

これも覚えよう!

腰痛になりにくい座位姿勢

座った姿勢で腰が痛くなる原因は左右の荷重バランスが偏っていることがほとんどです。

 

だから、

長時間座る際は次の4つを意識して行いましょう!

1 .足を交互に組みかえて、不得意な組み方を作らない。

 

2. 足を組まない場合は、左右均等に重心を乗せるように心がける。

 

3. 足の裏がぴったりと床に付く高さで座る。

 

4. 定期的に立ち上がってお尻の筋肉や腰部の筋肉をほぐす。

 

パチンコを打つ時の理想的な座り方

椅子に深く腰掛けて、背もたれと背中に拳1個分の隙間を空けるのが理想的な座り方です。

 

正しい姿勢で座り、定的にストレッチをすれば腰痛は防げますよ!

今日から是非実践してくだい!

 

 

次回は肩コリ改善ストレッチについて紹介します!