SPECIAL

パチンコ店員 夢追い人vol.1(後編)

前回に引き続き『ラッキープラザ1010弥富店』にて勤務しながら、舞台俳優としても活躍中の福嶋勇太さんのインタビューを掲載します。

 

インタビュー【後編】です。前編はこちらをタップしてください。

 

 

 

ーどんな俳優を目指している?

 

好きな俳優はオダギリジョーさんや山田孝之さんです。

カメレオンみたいに色々な役ができて、独自の空気感があって、セリフがなくても引きつけられる。こういったのは素質も少しあると思うんですけど、人生を生きた経験の中で得られるものが多いと思うので、僕は今こそ色々なものに挑戦する時期かなって思っています。

 

 

ー俳優をしていて楽しいことは?

 

今は俳優仲間と稽古をしている時の全てが楽しいです。僕らみたいなお金はないけど演技が好きって人間同士が集まって月に一度稽古をしています。

ライバルなんですけど友情があって、お互い意見を言い合って1つのものを作っていくときの連帯感がやりがいにつながりますね。

情熱を燃やしている俳優仲間と演技を磨いていけば、苦しい時期もみんなで乗り越えられる気がします。

 

 

ーパチンコ店で働いている理由は?

 

舞台が続いてお金がなくなってきたので、一度お金を貯めようと思い今年の2月に実家に戻り、ラッキープラザ1010弥富店さんにお世話になることにしました。

 

ここから僕が東京に通えば問題なく俳優業を続けられますし、それも経験になると思っています。今は俳優として下積みと経験を重ねる時期ですね。

 

俳優って全ての経験が活かせる仕事だと思っていて、パチンコ店のスタッフとして働くこと自体も勉強になっています。

おそらく今後このような接客業の役をする際にはプラスになると思います。少し感じているのは、まだ勤め始めて3ヶ月ほどですが、何事にも動じない冷静さが身についたなと実感しています。

 

 

 

ーお店にサポートされていると感じられたことは?

 

まず、僕のような駆け出しの俳優にこんなインタビューしていただく話をいただけたことが、お店からのエールだと感じました。

 

また、僕が俳優をしていると知っている同僚には「舞台観に行くよ!」って言ってくれるので、その言葉だけでも活力になりますね。

 

それにみんな分け隔てなく仲良く仕事出来ていますし、パチンコ店のイメージを明るくする元気の良さと喋り方や振る舞い方をする磯貝副主任のような先輩も居て、仕事としても俳優としても勉強になりますね。

 

 

ーこれからの目標は?

 

演技には自信があるのですが、どうしても負けそうになる時、挫けそうになる時がありますので、そうならずに磨いていけるような心の強さを持つことです。

 

また、僕は役者としてオンオフを切り替えるのが下手らしく、1ヶ月くらいその役になりきってしまうところがあります。それを評価してもらえるのはあるのですが、上手く切り替えられればもっと成長できると思っています。

 

目標は舞台で食べていける俳優になることです。

映像もすごく好きなんですけど、やはり実際に肌で感じる舞台とは全然違っています。舞台が終わった後にお客様から拍手をいただいた時や終演時の挨拶で感じる空気感は何者にも代えがたいですね。一度味わったらやめられない。全ての疲れが吹き飛ぶような感じです。

 

 

 

 

 

そんな福嶋さんは、俳優として舞台の主演を夢見て『ラッキープラザ1010弥富店』で働いています。

舞台や映画で「福嶋勇太」の名を、頻繁に見られる日が訪れるといいですね。

 

 

・取材協力店舗
ラッキープラザ1010弥富店

住所:愛知県弥富市五明町内川平465番1
TEL:0567-64-2777
営業時間:9:00~23:00

 

 

夢追い人情報はコチラヘ
info@pachinkowalker.com

パチンコウォーカーではパチンコ店で働くアルバイトスタッフさんを応援します。みなさんの周りに夢を持って仕事に取り組むスタッフさんはいませんか?夢追い人の頑張る姿をぜひパチンコウォーカーで紹介させて下さい。