SPECIAL

元同人小説家流パチンコの楽しみ方を教えます vol.13

春クールで放送されていた「きのう何食べた?」という神ドラマをご存じでしょうか? 男性カップルの食卓と日常を描いたドラマだったのですが、青年誌で連載されている漫画が原作なのでBでLなお話とはまた違う雰囲気で、萌えるというよりひたすら癒され、そして色々考えさせられる素敵な素敵な作品だったのです。

 

私的にはもうダントツで今期イチどころか史上最高と言っていいくらいの神ドラマだったので遂に最終回を迎えてしまいロスの真っ最中なのですが、それと同時期から上半期〇〇という言葉をよく目にするようになり、2019年がもう半分終わってしまった事に驚いています。早い、早すぎる。

 

さてさて前回前々回に引き続きBBA昔話にお付き合い頂く予定だったのですが、ご存じの通り次回予告は確定演出ではなくその強さも機種によりけりですよね。という事でBBA昔話は一旦置いておいて、上半期に話題をさらった機種と言うと真っ先にこちらが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

 

増台に増台を重ねたホールさんも多い大人気機種

Re:ゼロから始める異世界生活

可愛いですよね、面白いですよね。

 

 

何を今更とお思いでしょうが、人が増える時間帯にふらりと行く事が多いせいかレムパネルが出るまではなかなか座れず、せめて予習にとTSUTAYAに駆け込んでもレンタル中だったりとフラレ続きだったため、世間様より少しばかり遅めのブーム到来です。最初は女子ズの可愛さに気をとられていたのですが、よく見ると結構男もいるし何周か周って案外スバル受けいけるかもとか思えてきた今日この頃。やっぱり1番気になるのはこちらの素敵なおじさま執事。

 

 

原作をよく知らない時はウィキペディアさんに尋ねる前にちょっとだけ色々勝手に妄想するのも楽しみの一つなのですが、前情報ゼロでも昔何かあった感がひしひしと伝わってくる佇まい。これはきっと数多の受けを泣かせてきたに違いない…と思っていたらむしろ受け感バリバリの可愛い男子だったじゃないですか(個人の意見です)。

 

可愛い、強い、これ絶対美味しいやつだと思っていたらまさかの嫁持ち。しかも隠しきれてない最強のツンデレ感に嫁がまためちゃくちゃ可愛くて、ウィキさんに補足してもらった頃にはもうすっかりこの御夫妻の尊さにやられておりました。

 

 

稀にあるんですよね、NL(男女カプ)萌え。

 

NLと言いつつ気付いたら(脳内で)女子の股間にキノコが生えてる場合もありますし、女と思わせて実は男でしたパターンも良いなとは思うのですが、テレシアが可愛すぎてこの二人はNLだから良いんだという結論に至ってしまったのです。

 

 

ああもうほんと可愛い。二人まとめて嫁に欲しい!! これからずっとこのカスタムにしようと思ってたらどうやら七夕の時期限定だったようで(違ってたらすみません)昨日行ったらもう選べなくなっていました。残念。凄く可愛いけど七夕っていうのが切なく、それがまたらしくて良いですよね。短冊に何を願うのでしょうか。

 

 

二人セットが可愛すぎるので二人の歴史はそっとそのまま大事にしておきたいのですが、でも晴れて奥様の仇を討ったその後を思うとやっぱり放ってはおけません。素敵な二人だったからこそ一人残ったヴィルヘルムを幸せにしてあげたいという余計な妄想が始まり、最終的には「ああほんともう誰か彼を抱いてあげてください!!」となってしまうわけですよ、性的な意味じゃなくて。奥様との思い出話も共に大事にして笑って話せるような、そういうパートナーと寄り添って幸せな余生を過ごして欲しいのです。

 

まぁでも愛する女性は奥様だけですからね、女性は。さぁここで出番ですよ野郎共! と言いながらもまだしっかり妄想できるだけの知識がないので、原作も観てあれこれゆっくり考えながらニヤニヤニヤニヤ打っていきたいと思います。

 

そんな素敵カップルに可愛い女子ズにモフモフと癒し盛りだくさんなリゼロですが、また違った意味で思わずニヤニヤしてしまいそうになるのがこちらの1シーン。

 

 

乗ってる方はきっと人のような種族なのでしょうね。でもに乗ってるってなんか…エロくないですか?

 

そう言えば某ハロー〇ティさんも猫を飼っていらっしゃるのだとか。主となる方は人と同じと分かっていても、絵的には人が人に乗ってるのと同じに思えて仕方がないのです。何この公開プレイとツッコミたくなってしまうのは、夏が近いからですかねぇ。

 

という事で、

次回 勝手に出張編

ここまでお付き合い下さりありがとうございました。

 

 

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
©DAITO GIKEN,INC.