SPECIAL

「金のなる木」(2019年5月16日~31日) 金運アップ実証記録

編集部イチの負け頭であるようせいが勝ち組となるべく、金運アップを噂される「金のなる木」を育てることによって勝ち組になれるのかどうかを木の成長記録とともに報告していきます。毎月収支を出していき、1年前と比較してプラスになっていたら「金のなる木」効果があったと判断します!

 

ここまでの結果は前回までの記事をご覧ください。

 

516日~

5月前半は-70kとまるで良いところ無しで終わったようせいです。ここから劇的な捲りが決まるのか、それとも勢いそのままに収支がマイナスに転がり続けるのかを見届けてやってください。5月前半には「BIG金のなる木」との会合を果たしたのですが、今の所効果は出ていません。金運アップグッズも同様で結局頼れるのは苦楽を共にした「金のなる木」コイツだけなのでしょうか。

 

では、ここから20195月後半の収支を振り返っていきたいと思います!

 

20195 収支 実戦台(ピックアップ)
16 +31,400 ディスクアップ
17 +13,000 マイジャグラーIII
18 +4,300 ツインドラゴンハナハナ-30
19※ピックアップ1DAY +4,600 CRターミネーター2
20 稼動なし
21 稼動なし
22 -8,000 P咲-Saki-阿知賀編 役満GOLD ver.
23 -23,000 パチスロ蒼き鋼のアルペジオアルス・ノヴァ– Mental Model ver.
24 +13,600  ディスクアップ
25 -11,000 ディスクアップ
26 -5,500 ぱちんこCR真・北斗無双
27 稼動なし
28 +5,000 Re:ゼロから始まる異世界生活
29 +19,400 ディスクアップ
30 稼動なし
31 +14,000 ディスクアップ
総合収支
半月分の昨年との対比
201951631 2018516日~31
+57,800  -17,700
今年と昨年の1月の比較
20195月合計  20185月合計
-12,200  -42,600
昨対比
+29,600

 

結局先月同様、勝ってはないけど昨対で見たらマイナスが今年のがマシなので勝ったようなもの。と思える結果です。基本ディスクアップが主になっていますが、それ以外にも新台やパチンコ等を極力触って新たなツボ台を見つけようと模索しています。

 

ピックアップ1DAY

519

日曜日だった19日。この日は前日に夜遅くまで飲み会をしていたため、起きたのは正午になった頃。朝イチ台を探すのは難しく、人気店へうちに行くのには躊躇する時間帯です。それならば、と開き直って近場のホールへ遊び打ちをしに出かけます。

特に目当ての機種があるわけではなかったので、とりあえず「P咲-Saki-阿知賀編」からスタートするも特になにも無くヤメ。どうしようかとブラブラしていると、ある機種が目に入ります。

 

ダダンダンダダン、タララ~ラ~、ダダンダンダダン

 

と、見るだけであの有名なテーマが聞こえて来る「CRターミネーター2」です。まだ一度も打った事が無く、興味があったので着席する事にしました。本機は大当り確率約1/319でヘソからの確変突入率が10%、大当たりは全て16Rで2,000発以上獲得できる上に確変に突入すれば3回大当りが続くリミットタイプの台です。確変に入れれば約6,000発以上が獲得できる本機ですが、基本ルートが通常大当り後の時短で引き戻す事なので、引き弱で有名な私には少し荷が重く感じる機種です。

 

しかし、そうは言っても打ってみたら案外、という事も十分考えられるスペックなのでここは挑戦してみようと思います。悩んだらレッツラゴーです。

 

こうして打ち始めたのですが、スペックは知っていても演出を中心とした台の知識は全くありません。探り探りで打っていく事になりそうなので、台間POPを見ながら打とうとPOPを手に取ります。すると、まだ台間POPを手にしてスペックを再確認している時でした。3回転目の変動で大きな動きがあります。保留に変化は見られませんでしたがルーレット演出からの「激熱」が停止します!(急すぎて写真は撮れていません)

 

正直あっさりですぎた上になんの派手さもない所からの出現なので本当に激熱だったのか、見間違いじゃないのか疑念が湧きます。すると

 

やっぱり激熱だった!

 

むしろ激熱を通り越して大当り濃厚まで行きました。わずか3回転、投資0.5kの見事な早技で大当りをゲットします。後は時短中に引き戻す事ができれば大量出玉獲得できます!

 

…全回転キター!!

 

大当りの10%、ヘソから唯一確変である「TRIPLE HYPER BONUS」を見事引き当てます。完全に流れがきている。大勝ちできる予感しか湧かないこの状況に胸が高まります。

 

1時間後、私は「P咲」を淡々と打っていました。

 

結局大当りを取り切った後、勝負の時短「TERMINATOR MODE」を心を込めて見守るも、赤保留シュワちゃんをハズし、それ以降何事もなく華麗にスルー。何となくコレジャナイ感が芽生えた結果、巡り巡って「P咲」にたどり着いた、と言う訳です。

 

その後、「P咲」はターミネーターの出玉で当り、当っては飲まれを繰り返して最終的に+4.3kとプラスならそれで良し、と帰宅しました。

 

 

運気が上がっているのか下がっているのか?

5月は中々流れを掴みきる事が出来ずにふわふわした結果となりました。やはり大きな「金のなる木」に少しでもすがってしまったのがよくなかったのでしょうか。自前の「金のなる木」への愛情がおろそかになった結果、この有様と言われればそうなのかもしれません。しかし、それでも昨年の結果よりも悪くなっていないのは「金のなる木」のおかげなのでしょう。やっぱり私にはコイツしかいません。来月こそは真摯に愛情込めてお世話するので、プラスで終えれるよう、よろしくお願い致します!

 

それでは、6月の「金のなる木」と編集部ようせいをよろしくお願い致します!