SPECIAL

【P咲-Saki-阿知賀編役満GOLDバージョン】先行導入店で咲(さき)走り実戦!

パワーアップした阿知賀を実戦!
6月上旬から導入が始まる【咲-Saki-阿知賀編役満GOLDバージョン】。前作よりもパワーアップしたスペックが待ちきれず、前作同様先行導入店で実戦してきましたので、その模様をお届けいたします。
過去の【P咲-Saki-阿知賀編episode of sideA】の記事は下記から読めます。

 

待望の「P咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」をご紹介!

 

P-Saki-阿知賀編 episode of side-A】を一足先に実戦しました!

 

 

まずは実戦の前にどのように変わったのかをご紹介します。
スペックはコチラ。

 

P咲-Saki-阿知賀編 役満GOLDバージョン
◎三洋物産


確変突入率 80%
時短モード 平均42回or平均50回
賞球 4&1&15&3
ラウンド/カウント 10Ror6Ror3Ror2R/10C

大当り確率

設定 低確率 高確率
1 1/319.6 1/49.9
2 1/312.0 1/48.7
3 1/299.2 1/46.7
4 1/287.4 1/44.9
5 1/275.3 1/43.0
6 1/249.1  1/38.9

 

演出は前作を踏襲しており大きな変更はありません。最大の変化と言えば継続率でしょう。
前作が確変突入率60%に対して、今回は80%とかなり上がっています。その分低確率時の大当り確率が設定1で約1/319と下がっておりますが、この継続率なら仕方が無いでしょう。
他にもラウンド数や賞球数、振り分けなどが多少変わっていますので確認してみてください。
要するに初当りが少し重くなったけれど、継続率が上がって一撃の出玉がさらに上がったのがGOLDバージョンという事です。

 

ではここからドキドキとワクワクの実戦をご紹介いたします。

 

目標は大連チャン!
【P咲-Saki-阿知賀編役満GOLDバージョン】が登場すると発表があってから、私はワクワクが止まりませんでした。「P咲」が登場してから結構打ち込んでいるのですが、継続率が60%と私ごときの引きだとすぐに通常を引いてしまうので、なかなか勝てずにいました。しかし、今作は80%といくら引き弱な私でも5連くらいは行けそうなスペックなのです。麻雀戦闘(確変)が平均2.5連の私にとってはこれは僥倖。是非とも打ちたいと首を長くしていたところに先行導入が始まったので早速行ってまいりました。

 

5月24日
私の前には金色の水着をまとった阿知賀メンバーが揃っています。前作と間違えないように、右下のアタッカーを見れば「役満GOLD」と親切に書いてありますので、不安な方はチェックしましょう。

 

4パチには2台導入されており、どちらも空いていたので、前日の大当りが少ない方をチョイス。この日が導入2日目なのでどちらでも良かったのですが、一応アゲ狙いです。ゲーム性や演出の詳細は前作とほぼ変わらないので、打ち始めても違和感は一切ありません。とりあえず一回当てたい。その思いで打っているとわずか18回転、投資1kでチャンス到来。

 

SPカードストックから穏乃登場。しかもSPSPに発展して激熱の文字が登場。過去前作の演出を踏まえるならばこれはアツい。当ってもおかしく無いと期待して見守ります。
一度リーチがハズレてからの…!?

 

通常時

 

めっちゃ期待した。復活せんのかい。

少しボヤきながらまだ18回転だと、気をとり直して続行します。
すると少しハマって205回転。投資10kで動きがあります。

SPSPリーチからのライジングレバー登場で見事大当りします!

 

…もう一方の台が。

 

こちらはたんたんとハマっていきます。台選びを間違えたのか、隣は座ってサクッと当りましたがコチラは18回転以降何も演出がありません。羨ましそうに隣を見ていると、さすがは80%と拍手を送りたくなるほど軽快に連チャンを重ねていきます。

 

面白そう…。

 

しかし、こちらも同じ80%。初当りさえ引ければ同じような楽しさを味わえるはず。そう意気込んで追加の諭吉さんに別れを告げ続行します。「P咲」の楽しさを伝えるために、GOLDバージョンのポテンシャルの高さを伝えるために今日ここにきた私は、何とかいいところを見せようと気持ちを込めてハンドルを握ります。

 

すると395回転、投資20kで遂に私の台に動きがあります。

 

れいんぼー

 

これが出ればもう大丈夫だろう!
大きく深呼吸して用意していた3人目の諭吉をそっと財布にしまいます。長い戦いだった。予定よりもハマってしまいましたが、パチンコならよくある事。むしろここで当ってくれて良かった。そう感謝の気持ちでいっぱいになりながら念願の本機初RUSHへ挑みます。

 

嘘だろ…

 

副将戦でハイパーもアゲもつきませんでしたが、まさか終わるなんて微塵も考えていませんでした。

「20%だよ?初当りで20%通常引く?」

 

神も仏もありゃしない。

 

絶望を感じながら残った400発程の出玉で続行します。この記事はお蔵入りかな。そう思っていましたが、時短終了から僅か10回転。奇跡が起こります。

 

レバブルから新道寺ステージでカードストック2から新道寺SPカードの「テンパイで激熱」が出現。この新道寺SPカード自体はテンパイしても割とハズれますが、変動開始時のレバブルが絡んでいるのでワンチャンあります!

 

ワンチャンあった!!

 

神も仏もあった。泣きそうになりながら次こそは単発はやめてくれと、割と本気で祈りながら2回目のRUSHに挑みます。

 

そういう事じゃ無いだろう!

 

2連なら良いとかじゃないんだよ。前作より継続率が上がって、連チャンが楽しめる所を紹介したいのに、これじゃあ全然ダメな紹介になってしまう。

 

そもそも、こんな通常引きますか?

 

20%ってそんなに簡単に引ける物なんですか?

 

これが実は前作で、盤面だけ変えてあります。って言われても素直に信じられる状況です。折れそうな心。出玉は約1,400発程度。ここで終わるのもありかな、なんて一瞬考えました。ですが、この程度で引き下がるわけにはいきません。コンテンツが好きで前作から打ち続けた「P咲」。どんな状況だろうと出玉を持った状態でやめるわけにはいきません。

 

私、養分だから!

 

高継続率で続かなさすぎて思考回路がまともじゃ無くなってきました。この後別の仕事があるので、打てる時間はあと僅か。とりあえすこの出玉がなくなるか、あと一回当ったらヤメると心に決めて続行します。

したらば117回転。先読みレバブルからの当該保留で赤レバブルが到来します。前作なら実戦上めちゃアツいこの演出に期待が増します。しかし白糸台ステージに以降するも「宮永照」登場せず。これはやらかしてしまったかと不安が募ります。

…が、

怜ーー!!

 

と竜華ばりに声をあげたくなる大当り濃厚の期待度星5つです。

 

持ち玉で当った。まだやれる、頑張れる!

 

ここまで単、2連と前日が単発も2連も一回も無いのですから、私の引きがどれだけ弱いかがわかる履歴です。
しかし、三度目の正直。ここでやらねば「P咲」好きの名が廃る!!

 

もう満足です!!

 

7連と私としては十分な結果です。本来なら爆連して本機の凄さを見せつける予定でしたが、今回はこれで良しとします。
投資分を見事まくりプラスで終えれたので足取り軽く帰れます。
途中2連目で二条に負けた時は絶望しましたが、何とか復活して続いてくれたのでこの時は本当にうれしかったです。

次こそは、めくるめく大連チャンを目指して打ち込んでいきたいと思います!

 

80%も60%もどっちも大好き

【P咲-Saki-阿知賀編episode of sideA】は初当りの軽さ、【咲-Saki-阿知賀編役満GOLDバージョン】には連チャン力と好みによって打ち分ける事ができます。気分によってどちらを打つか選べれますので、「P咲」ファンには嬉しい状況になるでしょう。私としてはどちらも十分面白く大好きな機種なので今後も打ち込んで行きたいと思います。GOLDバージョンをもし見つけたら是非打ってみてください!!

 

©小林 立/スクウェアエニックス・咲阿知賀編製作委員会