SPECIAL

変化し続けるパチンコ「緋弾のアリア」シリーズの歴代スペックと新機種スペック

「緋弾のアリア」シリーズで4作目がホールに登場!
藤商事からリリースされているパチンコ「緋弾のアリア」は現在稼働中の「CR緋弾のアリアAA」を含めるとシリーズで3作登場していて、5月には「P緋弾のアリアIII 設定付」が全国導入されます。これでシリーズ累計4作目となるアリアですが、注目はシリーズ全て機種タイプ・ゲーム性が違う形でリリースされている事です。時代の変化に合わせて進化を遂げる歴代の「緋弾のアリア」を毎回変わる筐体と合わせて紹介。さらに新台で登場する「P緋弾のアリアIII 設定付」も解説します!

 

シリーズ1作目は「V確STタイプ」
CR緋弾のアリア

2014年3月

 

2014年3月にミドルとライトミドルのSTタイプで登場。当時は「CR牙狼 金色になれ」を筆頭に「CRモンスターハンター」や「ぱちんこCR新鬼武者」、「CR北斗の拳5 百烈」などのST機が登場しており、ST機人気が続いている時代でした。多くはMAXタイプやライトミドルが主流で、アリアも199ver.と297ver.で人気を博した。

 

 

 

シリーズ2作目は「転落タイプ」
CR緋弾のアリアII

2017年1月

 

2017年1月に登場した緋弾のアリア2作目は転落タイプ。前作ではホールの主流だったMAXタイプが姿を消し、作れるスペックもMAX319になってから登場した機種です。この転落タイプは遡る事8年前、「CRF.創聖のアクエリオン 天翅篇」での登場が記憶に残っています。その後MAXタイプ全盛期では確変、STが主流だった為、そのスペックを見る事がほとんどありませんでした。しかし現在、転落タイプは多くのメーカーから登場しています。この年は「CR真・花の慶次2」が年末に登場して現在も多くのホールで活躍しています。2017年の2月に登場したアリアIIですが、実はこの時それほど転落スペックが多かったわけではありません。むしろこれ以降に前述した慶次2を筆頭に翌年のフェアリーテイルや織田信奈の野望IIなど、人気コンテンツから続々と登場します。つまり、アリアIIはユーザー受けするスペックを先取りしたと言えるでしょう。

 

 

 

シリーズ3作目は「1種2種混合機」
CR緋弾のアリアAA

2018年11月

 

「緋弾のアリア」シリーズとしては3作目となる緋弾のアリアAA。こちらは緋弾のアリアのスピンオフ作品ですが、これまでの作品に登場したアリア達も登場します。まだ記憶に新しい昨年登場した本機は、「魔法少女まどか☆マギカ」や「戦姫絶唱シンフォギア」が火付け役となった「1種2種混合機」で登場しました。導入直後から継続率の高さと凄まじい出玉力でSNS等で話題となり一躍人気の台となりました。長く人気の続くシンフォギアを始め、今後も多くの1種2種混合機がホールを賑やかにする事でしょう。そんな人気が高いタイプで登場したのがアリアAAです。

 

 

 

最新作は新たな「1種2種混合機」!?
P緋弾のアリアIII 設定付

2019年5月

 

そしてファン待望のシリーズ第4弾となるアリアIIIは新たな1種2種混合機で登場します。今年に入り2月以降パチンコの継続率の上限が変更して続々と新スペック機種が登場しています。エヴァでは継続率80%の確変機が、ゴッドイーターからは1種2種混合機で実質継続率約91%のモンスターマシンも登場します。そんな高継続タイプが多数登場する中、アリアIIIは「1種2種混合機」を新たな形で搭載。通常の「1種2種混合機」とは一味違うアリアIIIはどう評価されるのか、そして今後アリアIIIのような「1種2種混合機」が他メーカーからも登場してくるのか、注目です!

 

 

P緋弾のアリアIIIのゲーム性を簡単にご紹介
新たな「1種2種混合機」で登場する今回の緋弾のアリアIIIがどんなゲーム性を持っているのか、せっかくなので確変中を簡単にご紹介していきます。

 

・新たな「1種2種混合機」とは?

今回「P緋弾のアリアIII」で搭載されている「1種2種混合機」は、Rush突入後はヘソと電チューの二つで大当りを抽選します。その仕組みを利用してヘソの変動時間が終わるまでに電チューでどれだけ大当りを重ねられるか、となっています。

 

・RUSH突入後は最大約5,100個が約63%でループ
通常時の大当りの約64.2%で突入する「Hysteria Rush」。突入後はごほうびタイマーからスタート。今作から5人のキャラクターが選べて、キャラクターによって演出が変化します。

 

キャラクターを選んだ後は時間を獲得していきます。この時間がヘソの変動時間と言う訳です。その後タイマー(ヘソ変動)が作動している内は毎回転大当りの期待が継続します。出玉が何個獲得できるかは打ち手の運しだいですが、前述した通り最大で約5,100個獲得出来ます。

 

さらにRush終了後はそこからRush継続をかけたバトルに突入。勝利すればもう一度Rushに突入です。

 

Rushに突入したら何発獲得できるか己のヒキで次第で、Rush後は継続をかけたバトルに勝利する。これだけ覚えておけば「P緋弾のアリアIII」を楽しむのに十分でしょう!

 

 

時代の流れに沿いながら時代を切り開く「緋弾のアリア」

 

過去シリーズを振り返ると「緋弾のアリア」歴代機種はどれもその時代に合ったタイプ・スペックで登場している様に見えます。当然それだけではなく、独自性や過去シリーズの良いところをしっかり踏襲して作り上げているので多くのファンが付いています。新たに登場する「P緋弾のアリアIII 設定付」も歴代シリーズ同様の盛り上がりを見せてくれるのではないでしょうか。ホールに登場するのは5月下旬予定、今から楽しみですね!

 

©2011 赤松中学・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/東京武偵高校
©赤松中学
©2011 赤松中学・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/東京武偵高校
©2015 赤松中学・KADOKAWA刊/ProjectAA
©2008-2012 赤松中学
©2011 赤松中学・株式会社 KADOKAWA メディアファクトリー刊/東京武偵高校