SPECIAL

もしディスクアップに飽きを感じたら青7下側チェリー狙いがおすすめ

打ち続けると飽きてくるのはどんな機種にも言えます。もし比較的収支が安定するはずのパチスロディスクアップに飽きてしまい、趣味打ちに走ろうとしているのなら違う打ち方を試してみてはいかがでしょうか。ここではディスクアップの打ち方のスパイスとして、青7下側のチェリー狙いを考えてみました。

 

 

 

 

青7下側チェリーの魅力は目押し向上とスベリ

狙うべきチェリーは青7の4コマ下、BARの3コマ上にあるチェリーとなります。左リール上中段にチェリーを目押しするのが推奨手順ですので、枠下に狙う感覚で目押しをする感覚で打ってみましょう。もし早かったらスイカとチェリー以外はわかりやすくビタ停止するので、NORMAL BIGの真・技術介入の青7枠下目押しのクセ付けにもなります。

 

 

 

 

 

パチスロディスクアップ ◎Sammy

 

 

 

 

 

青7までスベリが発生すれば小役orボーナス

青7下側チェリーを左リール上段・中段にしっかり目押しが出来ていれば、青7が枠内に停止すると小役またはボーナスとなりハズレを否定します。BARや赤7のように左リールの1確は停止しませんが、青7までのスベリが発生した際に安定して楽しむことが出来ます。BARや赤7狙いでは見慣れないリーチ目が停止するのも魅力ですね。

 

 

 

 

 

 

スイカA・Bを見抜く方法

パチスロディスクアップにはスイカはAとBの2種類があり、Sammyが配信する「CLUB SAMMY」によると、スイカAからリーチ演出に発展するのが基本となるそうです。つまり、スイカBでリーチ演出に発展すればアツいって訳です。青7下側チェリー狙いはスベリでスイカAとスイカBを見抜くことが出来るので、スイカ+ボーナスを察知する楽しみ方が出来ます。

 

青7上段停止の中段スイカ揃いでリーチ演出に発展したら期待大です!

 

 

 

 

 

リーチ目役を狙うのも面白い!

 

リーチ目役A
リーチ目役B
リーチ目役C

 

3種類あるリーチ目役の中で最も出現しやすいのが左リールが青7の「リーチ目役B(1/993.0~1/910.2)」です。成立時は青7が上段停止しやすく、ハサミ押しで赤7が青7が対角線上に止まれば…といった展開で熱くなれます。赤7かBARのどちらかを選んで、もし一直線に揃えば1枚お得なうえボーナス確定です。

 

 

 

 

 

バシュン演出で押すのが楽しい!

 

パンク役を示唆するバシュン演出ですが、チェリーもよく停止します。青7下側チェリー狙いでは青7が上段に停止すればパンク役を否定します。バシュンでスイカはあまり頻繁には出現しないので、ズルリとすべれば「もしかしたら…」と期待が膨らみます。

 

 

 

 

 

左青7下側チェリー狙い時のリーチ目一覧

 

 

 

 

 

 

通常時から青7下側のチェリーを狙い続けるスロッターはBAR狙いや赤7狙いに比べると今のところ少ないですが、Sammy公式で推奨される3つの手順のうちの1つですので、パチスロディスクアップをたしなみ始めた方もたまには狙ってみてはいかがでしょうか。もしかしたら固定されていた狙い方に変化が生まれて、本機の面白さを再確認することが出来るかもしれません。王道の狙い方だけでなく、この青7下側チェリー狙いだから楽しめる打ち方もディスクアップの魅力のひとつですので、ぜひ楽しんでみてください。

 

 

 

 

※解析数値は編集部調べによるものです。
©Sammy

 

参考

パチ&スロ必勝本 パチ&スロの解析・攻略情報