SPECIAL

サブキャラヒットパレード~脇役から主役に大抜擢!?【現行機編】~

人気機種から飛び出したサブキャラが主役に!
2月下旬に登場する「アナザーハナビ弥生ちゃん」。こちらはもともとドンちゃんシリーズに登場する脇役で、葉月ちゃんのライバル的なポジションで登場します。そんな脇役だったキャラクターが一転、メインキャラクターとしてパチスロ化している事が多くあるように思います。なので今回はそんな成り上がったキャラクターが主役を務める機種をご紹介していきます。※現在もホールで打てる機種をピックアップしました。

 

HEY!鏡
◎大都技研

大都技研初の6号機で全国導入され、今でも多くのホールで活躍する「HEY!鏡」。登場したのは「押忍!サラリーマン番長」からなので比較的新しいキャラです。「カカカカモン!」や「ミーモダンス」などで多くの人の心に響いたからでしょう。

 

戦コレ![泰平女君]徳川家康
◎コナミアミューズメント

こちらも6号機からですね。パチスロ「戦国コレクションシリーズ」で中心にはいたけれど主役ではなかった家康がメインで活躍しております。とにかくカワイイ家康とその仲間達。あざといですが素晴らしい機種です。

 

クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡
◎パオン・ディーピー


秘宝伝から登場したクレアを主人公としたシリーズ機の第3作目です。初代から高い人気を誇り、演出もオリジナルコンテンツならではの強みを活かしています。現在も好評稼動中でクレアの可愛さに癒されている方も多いのではないでしょうか。

 

パチスロコードギアス反逆のルルーシュR2 C.C.ver.
◎Sammy


A+RTで登場した本機。メインの演出が「パチスロコードギアス反逆のルルーシュR2」を引き継いでいるのでそこまでC.C.が主役感が少ないかもしれませんが、無限RTを見ればその主役感は一目瞭然。ただC.C.を愛でるだけのRTにどれだけの人が歓喜したでしょうか。GRTと銘打たれたゲーム性で5.9号機の中でもトップクラスの活躍をしている機種です。

 

ゆるせぽね
◎ミズホ


アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-に登場するペルセポネが主役の機種です。アナザーのアナザーなキャラで作られた本作は「アナターのワイフ」など、小洒落た文句で登場しました。A+RTで名前通りゆるくマイルドな機種ですがGOD成立時の期待枚数は約1,000枚以上と一撃にも期待できる機種です。

 

プリシラと魔法の本
◎ ネット


シンデレラブレイドのスピンオフとして登場した本機。プリシラ主役に驚きましたし、スペックもボーナスと疑似ボーナスを搭載していてシンデレラブレイドとは違うゲーム性で登場しました。製造台数が少なかったので珍しい機種ですが、まだ設置している店舗もあるので気になる方は探してみてください。※2019年2月現在調べ

 

パチスロ バルタン星人
◎七匠


ウルトラマンの敵、バルタン星人が主役で登場。有名ですし強力なキャラクターですが、何故バルタン星人をチョイスしたのかは不明です。「宇宙で一番、人気者」のキャッチコピーで紹介されているのでバルタン星人好きがいたのかもしれません。ゲーム性はリアルボーナスを連チャンさせる特殊スペックで、出玉力は十分ありました。こちらもまだ設置している店舗がありますので気になる方は是非。※2019年2月現在調べ

 

ジャグラーガールズ
◎北電子


脇役?と思う方もいるかもしれませんが、ジャグラーといえばピエロさんが思い浮かぶ方がほとんどだと思います。下パネルや上パネルで存在感を出すピエロさんに対して、そっと寄り添ったりしれっと登場するガールズが機種名になり、パネルに大きく登場したら主役と言えるでしょう。

 

押し順ケロルン
◎山佐


ケロットシリーズのヒロイン「ケロルン」がAT機で登場。ノーマルタイプの仕様ながら、1G連や32G内の連チャンに期待できるスペックに加え、「JACハズシ」も搭載するなど特徴的な機種です。名前と筐体に似合わない玄人好みのスペックではないでしょうか。2015年導入なので打ちたい方はお早めに。※2019年2月現在調べ

 

 

昔からスピンオフ・アナザーの位置付け機種は多かった!
過去を振り返ると「銭形」や「ドロンジョ」など他にも多くのサブキャラと言えるキャラクター達が主役として活躍しています。今回は現在稼動している・打つことができる機種に限定してご紹介しましたが、機会があれば過去のものをまとめて調査してみるのも面白そうですね。
タイアップした機種はもともとのコンテンツがあるので、スピンオフなどは原作がなければ難しいですが、オリジナルコンテンツはその縛りがない分出やすい感じです。しかし、6号機が登場し始めた現在でサブキャラが主役の機種がすでに3作も出ていることを考えると、今後もサブキャラが主役となる機種が増えていきそうですね。

 

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT
©DAITO GIKEN,INC.
©Konami Amusement
©Konami Digital Entertainment,NAS/「戦国コレクション」製作委員会
©SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design ©2006 CLAMP・ST
©SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design ©2006-2008 CLAMP・ST
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
©Sammy
製造元/株式会社ロデオ
©NET CORPORATION
©円谷プロ ©NANASHOW
©KITA DENSHI
©YAMASA