SPECIAL

「金のなる木」(2019年1月16日~31日) 金運アップ実証記録

編集部イチの負け頭であるようせいが勝ち組となるべく、金運アップを噂される「金のなる木」を育てることによって勝ち組になれるのかどうかを木の成長記録とともに報告していきます。毎月収支を出していき、1年前と比較してプラスになっていたら「金のなる木」効果があったと判断します!

 

ここまでの結果は前回までの記事をご覧ください。

 

1月16日~

スタートダッシュに成功したものの、前半をマイナスで折り返した1月。なかなか思うように収支が上向きになりません。「金のなる木」は冬の最中に栄養をたくさん摂取しようと思ったのか突き刺した栄養剤をガンガン吸い込んでいます。栄養剤と同じように私の財布からお金を抜き取っているのではないかと不安になる今日この頃です。

 

なんて悲観にくれていても仕方がないので、せっせと打ちに行ってプラス収支に至れるように頑張っていこうと思います。吸った分の栄養を私の運気アップにつなげてくれよ、「金のなる木」!

では、ここから2019年1月後半の収支を振り返っていきたいと思います!

 

2019年1月後半 収支 実戦台(ピックアップ)
16日 稼動なし
17日 稼動なし
18日 +36,800 パチスロ 凪のあすから
19日 +40,900 アナザーゴッドハーデス-冥王召喚-
20日 -19,000 パチスロ ロード オブ ヴァーミリオンRe:
21日 -21,000 G1優駿倶楽部
22日 稼動なし
23日 +40,500 パチスロ 聖闘士星矢 海王覚醒
24日 -14,500  ぱちんこCR蒼天の拳天帰
25日 -8,400 グレートキングハナハナ-30
26日ピックアップ +35,400 アレックス
27日 +7,500 マイジャグラーIV
28日 +2,200 CR麻雀物語~役満乱舞のドラム大戦~99ver.
29日 稼動なし
30日 +9,400 パチスロ 凪のあすから
31日 -70,000 SLOT ハイスクール・フリート
総合収支  +39,800
昨年との対比
2019年1月16~31日 2018年1月16日~31日
+39,800 -64,800
今年と昨年の比較 +104,600

 

絶・好・調!

 

前半苦しみましたが後半怒涛の追い上げから見事プラスで決着。月末最終日はちょっと弾けてしまいましたが、今年のようせいと「金のなる木」は一味違いますよ!

 

 

ピックアップ1DAY
1月26日

土曜日なので少し足を伸ばして家から遠いホールへ打ちに行きました。狙い台は特に無く、入店してから決めたのがアレックスです。先日アレックスの動画を見て打ちたいと思い着席しました。初打ちなので打ち方やリーチ目などを調べながら打っていきます。ちなみに前作のアレックスは全く知りません。とりあえず順押し赤七狙いで羽がテンパイしたら鳥狙い。ブドウは予告音が鳴った時のみ。これだけ覚えておけば通常時は問題なさそうです。

これは先日アップされた

「困った時に頼れる味方!設定1でも機械割100%超えのパチスロ機の打ち方」

から見る事ができます。

 

このアレックスが凄かったのです。始まりはRB当選後、追加投資してまたRBを引いた後からでした。持ち球でBBに当選してから100G以内にバンバン当ります。100G超えてもすぐに当りまた連チャンと続いて、朝イチから昼までで2,000枚を超える出玉を獲得。

 

アレックスってこんな台なのかと錯覚しそうな状況に驚きながらも楽しくてたまりません。

リーチ目や

 

特殊音付き第2消灯

 

などたくさん見れました。このまま閉店まで…、と考えましたが600枚ほどのまれた所でやめます。羽の出現率が悪いとかBB中の示唆が弱いとかもありましたが、正直怖くなったのでヤメました。以前ハナビで一撃2,000枚から全飲まれ追加投資を経験していて、アクロスはそういう事があり得る台だと私は知っています。無理する状況でもないと判断しました。

ヤメた時のグラフです。

 

その後お店を移動して大好きな「戦場のヴァルキュリア」を打ち、大勝利とは言えませんがARTに2回突入させ、じっくり楽しんでこちらもプラスで終える事ができました。

 

導入が少なくあまり打つ機会がない機種なだけにまったり楽しめて大満足でした。

 

好きな台を打ってプラスで終わる最高の1日でしたが、一つだけ気がかりな事があります。

「あのアレックスは果たしてどうなったのか?」

やはり気になってしまうのは仕方がないと思います。機種のデータがネットで見れるお店だったので夜帰宅後にチェックすると、

 

ヤメ時バッチリでした!

設定に関してはわかりませんが台の挙動と自分の直感を信じて正解でした。これも「金のなる木」のおかげなのかもしれません。とは言え、この挙動は恐ろしいですけれど…。

 

「金のなる木」2019ver.はすこぶる好調のようです!
昨対が圧倒的なプラスであり、尚且つ新年1発目の月がプラススタートになりました。やはり、「金のなる木」を信じて良かったです。これはいよいよご褒美を与えなければいけない状況です。まだまだ気を抜けないですが来月も期待できそうです。

 

2月の「金のなる木」と編集部ようせいをよろしくお願い致します!