SPECIAL

これが出現すれば激アツ!メーカー柄コレクション【パチスロメーカー編】

柄演出はパチスロメーカーでも採用されている台が多数あります。パチンコメーカーとは異なり、コンテンツに依存した柄も多いのが特徴です。基本的には激アツまたは確定となりますが、パチスロはフラグによって信頼度が異なる場合もあるので過信は禁物かも。そんな訳で、パチスロメーカーの柄を見ていきましょう。

 

 

 

ユニバーサルエンターテインメント

 

今やパチスロを代表する激アツメーカー柄になった「花火柄」は、どんな機種においても高信頼度をキープしており、スロッターを安心させる演出として定着しました。バジリスク絆の場合、連続演出タイトルが「花火柄」であれば最低でも信頼度93%、AT中ならAT継続やBC当選濃厚となるほど。起源はもちろん代表機「ハナビ」です。

花火柄

画像:バジリスク~甲賀忍法帖~絆

©山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

 

ちなみに、ユニバーサルエンターテインメントにはミリオンゴッドの文字をモチーフにした「激熱柄」もあり、CR遊技性ミリオンアーサー等で見られる可能性があります。

 

 

 

大都技研

 

メーカー柄のイメージがあまりない大都技研ですが、機種または時期によって様々な柄がありました。特にパチンコにはほとんどの機種で採用されています。過去にはサボハニ色の「サボたま柄」などがありましたが、現在は吉宗の「鷹柄」が定番となっています。また、パチスロではサラ番だけで見られる「稲妻柄」が有名ですね。

鷹柄

画像:Pぱちんこ押忍!番長2

 

サボたま柄

画像:CR吉宗

 

稲妻柄

画像:押忍!サラリーマン番長

 

すずめ柄

画像:政宗2

 

小判柄

画像:吉宗〜極〜

 

忍柄

画像:忍魂弐~烈火ノ章~

©DAITO GIKEN,INC.

 

他にも、吉宗柄(吉宗シリーズ)、パイレーツ柄(パイレーツワールド)、熱柄(秘宝伝シリーズ)など、大都オリジナルコンテンツ毎に柄が用意されているようです。

 

 

 

山佐

 

現在は「ケロット柄」が最も有名ですが、実はその前に山佐の開発チームの名前が起源となる「バーニング柄」が存在していました。また、「パチスロゴッドイーター」のみ「ゴッドイーター柄」が登場しました。

ケロット柄

画像:パチスロケロット3

©YAMASA

 

 

バーニング柄

画像:パチスロキン肉マン

©ゆでたまご/集英社・東映アニメーション ©YAMASA

 

 

ゴッドイーター柄

画像:パチスロゴッドイーター

©BANDAI NAMCO Games Inc. ©YAMASA

 

 

 

KPE・コナミアミューズメント

 

5号機で新規参入したKPEとコナミアミューズメントの2メーカーには2つのメーカー柄が存在します。KPEでは緑か赤のクローバー柄、コナミアミューズメントはパチンコ・パチスロともに肉球柄で統一されています。

クローバー柄

画像:戦国コレクション3

©Konami Digital Entertainment, NAS/「戦国コレクション」製作委員会 ©KPE

 

肉球柄

画像:CRぱちんこ麻雀格闘倶楽部

©Konami Amusement

 

 

 

オーイズミ

 

オーイズミの激アツ柄はピンク色の「羽柄」となります。2017年にはiPhoneケースとなり、コミケのオーイズミブースで販売されたそうです。

羽柄

画像:パチスロ喰霊‐零‐

©2008瀬川はじめ/[喰霊-零-]製作委員会

 

 

 

エンターライズ

 

エンターライズの機種はコンテンツを問わず一貫して紅葉柄が激アツ柄として搭載されています。また、プレミアとしてマスコットキャラクターのエンタライオンが登場するのも特徴です。

紅葉柄

画像:パチスロモンスターハンター~狂竜戦線~

©CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. 戦国BASARAは株式会社カプコンの登録商標です。

 

 

 

スパイキー

 

アリストクラートテクノロジーズの傘下だった頃のスパイキーには機種依存の柄がいくつかありました。現在はフィールズのグループ会社になったことで、エンターライズと同じく紅葉柄を使用しています。

奴ら柄

画像:学園黙示録HIGH SCHOOL OF THE DEAD

©佐藤大輔・佐藤ショウジ/富士見書房/H.O.T.D.製作委員会

 

 

猿丸柄

画像:プロゴルファー猿

©藤子(A)・シンエイ・小学館

 

 

 

七匠

 

2015年からパチスロを開発している七匠は、処女作のパチスロベルセルクから「マグマ柄」が使用されています。

マグマ柄

画像:パチスロベルセルク

©三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS ©NANASHOW

 

 

 

ネット

 

ネットは比較的柄演出が少ないようです。そんな中、シンデレラブレイドシリーズでは「かぼちゃ柄」、スーパーブラックジャック2では「トランプ柄」が出現します。

かぼちゃ柄

画像:シンデレラブレイド3

©NET CORPORATION

 

 

 

DAXEL

 

機種毎に異なる柄を使っているのが特徴です。探偵歌劇ミルキィホームズでは、少しわかりにくいですが部屋に住み着いているねこ「かまぼこ」が柄になっています。

かまぼこ柄

画像:探偵歌劇ミルキィホームズTD 消えた7と奇跡の歌

©ミルキィTD製作委員会 ©劇場版ミルキィホームズ製作委員会 ©bushiroad/Project MILKY HOLMES ©ふたりはミルキィホームズ製作委員会 ©DAXEL

 

ちなみに、百花繚乱サムライガールズでは「百花柄」、そらのおとしものフォルテでは「激アツ柄」、ウィッチクラフトワークスでは「ペンギン柄」が使われています。

 

 

 

SNKプレイモア

 

2015年でパチスロ事業から撤退したSNKプレイモアはカタカナの「ドキドキ柄」を使用していました。

ドキドキ柄

画像:DARKER THAN BLACK‐黒の契約者‐

©BONES・岡村天斎/ DTB製作委員会・MBS ©SNK PLAYMORE

 

 

 

ハイライツ

 

SNKプレイモアからコンテンツを譲り受けたハイライツ・エンタテインメントは、歌舞伎柄を取り入れました。

歌舞伎柄

画像:シスタークエスト~時の魔術師と悠久の姉妹~

 

 

 

パチンコは京楽産業.の「ゼブラ柄」、パチスロはロデオの「ヒョウ柄」からはじまりましたが、現在ではオリジナルデザインのメーカー柄が主流となっています。世にある柄のデザインを様々なメーカーが使い尽くしたのもありますが、ユニバーサルエンターテインメントの「花火柄」が評判だったことで現在の流れに至ったのではないかと思われます。総じて言えることは、メーカー柄が出現したら間違いなくアツいということです。パチンコメーカーの柄演出を紹介したPART1・2もぜひご一読ください。

 

 

<メーカー柄コレクションPART1>はこちら

<メーカー柄コレクションPART2>はこちら