COLUMN

出会ったら3秒で実戦!ちょっとレアなパチスロコレクション

1年で様々なパチスロ台がリリースされますが、普段パチンコ店に通うエリアだけではお目にかかれないレアな台も非常に多く存在します。連休で遠出した際に見つけたら、ぜひ秒速で座って打つべき台を紹介します。どれも全国100店舗未満(※2019年4月末現在)の設置数のため、打ってパチスロ仲間に自慢しましょう!

 

 

 

 

2016年11月
パチスロ火曜サスペンス劇場
タイヨーエレック

完全告知のA+RT機

リールの左下の「お手柄ンプ」が点灯すればボーナス確定で、312枚獲得可能ばBIG後にが32GのRTが付く仕様。レバーONでサスペンスフリーズが発生し、フリーズ中に事件を解決してもボーナス確定。ちなみにフリーズ中に崖演出に発展すれば激アツとなります。

 

 

 

 

 

2016年12月
パチスロニュースモモチャンEX
ニューギン

スモモランプで完全告知

先告知25%、後告知75%の完全告知タイプで、スモモランプ点灯でボーナス確定。BIGは約325枚、REGは約104枚獲得できます。導入から月日が経ち、今やメーカー直営店にも設置されていない激レアマシンとなっています。

 

 

 

 

2017年04月
ドキドキマンゴー
パイオニア

マンゴー(リプレイ)がメイン

ボーナスは最大300枚のBIG、最大200枚のMID、最大100枚のREGの3種類。マンゴー揃いのリプレイがメインの重複役で、リプレイの次ゲームが楽しめるノーマルタイプとなっています。MIDに大きな設定差が存在するハナハナとは大きくゲーム性が異なる1台です。

 

 

 

 

2018年1月導入
ニューラッキージャックポット7Ver.
岡崎産業

岡崎産業といえばジャックポット

岡崎産業のパチスロは2019年4月現在、「ワンダフルジャック」が最新作で、思いのほか多くに導入されています。その前に導入された「ニューラッキージャックポット7Ver.」は、ジャックポットシリーズ初の液晶を搭載したA+RT機。約300枚獲得可能なBIG後のみ30GのRTに突入します。

 

 

 

 

2018年3月導入
ビッグアップ
ヤーマ

比較的純増枚数の高いRTを搭載

ボーナス後にRTに突入するオーソドックスなA+RTながら、RTの純増枚数が約0.5枚とメダル増加が見込める完全告知機です。BIGは288枚獲得でRT50G付き、REGは約104枚獲得でRTなし。ちなみに設定は3段階となっています。

 

 

 

 

 

 

2018年5月導入
パチスロ楽シーサー30φ
JB

ハイビスカスランプで告知

30φ限定で登場した楽シーサーのハイビスカスランプ搭載バージョン。基本的には子シーサーとハイビスカスランプの点滅で完全告知しますが、それ以外はすべてBIG確定となります。

 

 

 

 

2018年8月導入
マシマシ
パイオニア

純ボーナスと擬似ボーナスを搭載

204枚獲得のBIGと54枚獲得のREGのほか、ボーナス終了後にボーナス込みの純増約1.3枚の擬似ボーナス「マシマシボーナス」に突入。1セット30Gまたは次回ボーナスまで継続。ループ率約50%の仕様となります。

 

 

 

 

2018年8月導入
クロノス~刻の支配者~
ベルコ

純増約2.0枚のARTを搭載した5.9号機

純増約2.0枚のARTを搭載したボーナス+ARTタイプで、ARTが2段階ある特殊なタイプです。1段階目のクロノスチャンスは33GのST型、2段階目のクロノスタイムはループ率+ストック管理。クロノスチャンス中にボーナスを引けばクロノスタイム突入確定、レア役で昇格抽選を受けられます。

 

 

 

 

2018年8月導入
ハイカ101
山佐

101GのRTを搭載した完全告知機

3段階設定のA+RT機で、BIG後に101GのRTに突入することが特徴です。BIG自体は最大239枚獲得となりますが、RTでメダルが微増するため101G完走で300枚以上が見込めます。BIGが数珠連すれば、さらに多くの枚数が狙えます。

 

 

 

 

2018年09月
トリプルクラウンX-30
清瀧ゲームジャパン

沖縄で打つなら名物の三冠王

知る人ぞ知る沖スロシリーズの最新作は現在のところ沖縄にしか設置されていない激レア台です。この「X」は、過去最多のプレミアム演出を搭載する2018年モデルとなります。トリプルクラウンは、ハナハナが流行する前には沖縄の沖スロを席巻していた名作です。

 

 

 

 

2019年1月
ぱちスロゲッターロボ
京楽産業.

6号機最初のノーマルタイプ

BIGとREGのボーナス2種類でメダルを増やすシンプルなノーマルタイプ。BIGの獲得枚数は最大155枚ですが、50Gあたりのゲーム数が46~50Gほどあり、合算確率は1/89.9~1/99.3と6号機らしい遊びやすさが追求された台となっています。

 

 

 

 

鬼若弁慶のボーダーからシリーズ最新作が登場!

2019年6月
咲桜弁慶
ボーダー

2018年にパチスロ第一弾をリリースしたばかりの新鋭メーカー「ボーダー」から、最大402枚獲得できるボーナスを搭載した最新作「咲桜弁慶」が発表されました。2019年6月中旬以降に導入予定となります。

 

「鬼若弁慶」「雷雷弁慶」を経て最高スペックを搭載した「咲桜弁慶」。導入した店舗を見つけたら、ぜひ遊んでみることをおすすめします!

 

 

 

 

 

 

以上、検定期限となる過去3年で導入された中で特に貴重価値の高いレアなパチスロを紹介しました。導入エリアが偏った台もありますが、主要都市には少なからず導入店がある台も多くなっています。長期連休の機会にぜひ打ってみてはいかかでしょうか。また、これから導入されるボーダーの最新作「咲桜弁慶」にも期待したいところです。時代は月を追うごとに6号機に向かっていますが、今のうちに今回取り上げた隠れた名機たちに触れておくと、この先面白いパチスロ話ができると思います。

 

 

 

 

 

©NTV ©大映テレビ ©ホリプロ ©東宝芸能 ©山村美紗オフィス ©Sammy ©TAIYO ELEC
©Newgin Co.,Ltd
©SANKYO
©BELLCO
©OKAZAKI
©YAMA
©YAMASA
©永井豪・石川賢/ダイナミック企画 ©1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会 ©KYORAKU
©Border