COLUMN

ディスクアップ「ラジカセ演出」「DUルーレット」の対応役矛盾を楽しむコツ

パチスロディスクアップには様々な楽しみ方があり、スベリ方、リーチ目、演出矛盾など最も楽しい瞬間は人それぞれです。今回は演出矛盾の代表格「ラジカセ演出」「DUルーレット」の楽しみ方を考えていきます。演出による密かにアツい瞬間が好きならぜひご一読ください。

 

 

 

 

 

ラジカセ演出編

ラジカセは空気のように必要な存在

ラジカセ演出は、予告音のようによく出現してよくガセる演出なので、リプレイ・ハズレのないチャンス音スタートがラジカセ演出で最も期待する瞬間。特に第1停止をしてからスイカ否定の停止目でまだBGMが流れていなければ9枚役orボーナス、次の停止に期待できるたまらない展開です。

 

●通常音スタート

第1停止→通常BGM リプレイ/9枚役/スイカ/チェリー
第2停止→通常BGM リプレイ/9枚役/スイカ/チェリー
第3停止→通常BGM リプレイ/9枚役/スイカ
第1停止→チャンスBGM スイカ/チェリー
第2停止→チャンスBGM スイカ/チェリー
第3停止→チャンスBGM ボーナス
DJリーチ発展 全役

 

●チャンス音スタート

第1停止→通常BGM 9枚役/スイカ/チェリー
第2停止→通常BGM 9枚役/スイカ
第3停止→通常BGM スイカ
第1停止→チャンスBGM スイカ
第2停止→チャンスBGM スイカ
第3停止→チャンスBGM ボーナス
DJリーチ発展 スイカ/チェリー

 

ラジカセBGM停止 小役否定

 

BGMを消して小役が揃うパターンはあまり頻繁には出現しませんが、ディスクアップを打ち慣れていてもかなり驚くものですので、地味ですがぜひ体感したい演出のひとつと言えます。

 

ハズレのない停止目でカチッとなったら悶絶ものです

 

 

ラジカセ消灯の複合は共通9枚役以上+激アツ!

激アツ演出として有名なラジカセ消灯はかなり高確率でボーナス当選となりますが、極まれに外れることがあります。9枚役、チェリー、スイカの3役は、同色BBは同程度の確率となりますがスイカのみRBがないので、その分だけ重複の可能性が低くなります。ラジカセ消灯がきても、2消灯でスイカの場合は少しだけハズれる覚悟をしておいたほうが良いかもしれません。

 

●ラジカセ消灯の対応役

1消灯→DJリーチ発展 チェリーor共通9枚役
1消灯→非発展 ボーナス濃厚
2消灯→DJリーチ発展 スイカ
2消灯→非発展 スイカorチェリー
3消灯→DJリーチ発展 ボーナス濃厚
3消灯→非発展  スイカorチェリー

 

これは第一消灯のみなので演出矛盾によるスイカ重複ですね

 

 

 

 

DUルーレット編

上は1コマ目、下は4コマ目が止まる

絶対に知っておくべき基本的な知識は、DUルーレットは図柄の順番で停まる図柄がわかること。上は1つ目、下は4つ目の図柄が停止するので、理解しておけば最後まで演出を見る前に確定や矛盾を楽しむことができます。

 

 

 

●組み合わせの対応役

♪・♪ 共通9枚役・スイカ・チェリー
B・V/V・B スイカ・チェリー
B・B ボーナス
V・V  BB
B・♪orV・♪ ハズレ・パンク役
上下どちらかに↗︎  ダンサーリーチ発展

 

 

 

いきなりルーレットはハズレ・リプレイを否定

そこそこアツい「いきなりDUルーレット」は、消灯後のルーレットとは異なりハズレとリプレイを否定しています。たとえば、上1コマ目が「B」または「V」で、第一停止でスイカ・チェリーを否定したら、対応役矛盾でボーナス確定です。

 

 

さらに、逆回転パターンならハズレ・リプレイに加えて9枚役否定となります。

 

 

 

 

演出矛盾を楽しむおすすめの押し方はBAR下段

BAR下段押しは成立役がはっきりしている押し方のため、ビタ止まりならハズレかリプレイか9枚役、4コマスベリならスイカ、チェリーが止まればチェリーとなります。

 

チャンス音のラジカセ演出やいきなりDUルーレットなら

BAR下段ビタ停止‥9枚役orボーナス!

4コマスベリ‥スイカorBB!

 

 

 

 

そして、BAR下段ビタ止まりの次は中リール中段に青7のビタ押しがおすすめです。

 

 

●青7がビタ止まり

特リプ確定の2確

 

 

●青7が1コマスベリ

9枚役でもボーナス確定の2確

 

 

●青7が4コマスベリ

BARテンパイで1枚役or単独黒BBの2確

 

フラグ判別もわかりやすい2確の宝庫です。2コマスベリで下段に9枚役が揃わないように祈りましょう。

 

 

 

 

 

ディスクアップの魅力は、過剰に煽る演出はほとんどなく、激アツな演出ではなくてもボーナスの可能性があることです。中でも演出対応役の矛盾を見抜いて全リール停止する前にボーナスを察知した時の気持ち良さこそ、まさにディスクアップの醍醐味ですよね。演出が少ないからこそ、普段から発生するラジカセのような演出がとても重要なのです。もし、まだディスクアップを打ち始めて日が浅いスロッターは、ラジカセやDUルーレットの法則と重要性を覚えればさらに楽しく打てることでしょう。

 

 

 

©Sammy