COLUMN

【1978年・1979年放送開始】アニメとパチンコが紡ぐ未来!アニパチ大全集

1978年にはディスコブーム到来、1979年にはインベーダーゲームが大流行した年でした。高度成長期を経て、これから訪れるバブルへの序章を感じる時代でした。映画「スターウォーズ」が世界的に大ヒット。邦画では「男はつらいよ」シリーズ、「トラック野郎」シリーズ、西遊記がヒットしました。音楽では伝説とさせるピンクレディーが大ブレイク。1978年には「UFO」「サウスポー」「モンスター」「透明人間」の4曲が年間売り上げトップ10にランクイン。1位のUFOは150万枚を超える大ヒットになりました。現在にも続く24時間テレビ・愛は地球を救うが始まったのが1978年です。現在にも続く礎が多く誕生した時代ですね。

 

 

 

1978年に放送されたアニメのタイアップ機種

 

宇宙海賊キャプテンハーロック

松本零士原作の漫画・アニメ。2977年、宇宙海賊ハーロックと地球侵略を企む異星人との戦いを描いた作品。テレビアニメ終了後も映画やスピンオフ作品が多く作られました。

 

CRF.キャプテンハーロック

2007年にSANKYOから登場。大ヤマト、大ヤマト2、銀河鉄道物語に続く松本零士コラボ第4弾。横スクロール、アルカディア号役モノが特徴でした。

 

 

ぱちんこCRキャプテンハーロック

2015年にSammyから登場。2013年に公開されたCGアニメ映画のタイアップ。V確STで継続率は約72%でした。

 

 

 

未来少年コナン

宮崎駿が初めて監督を担当した作品でNHK初のセルアイメーション作品でもあります。野生児コナンとその仲間たちによる冒険アクションアニメです。

 

CR未来少年コナン

2005年にニューギンから登場しました。青い盤面で円形液晶が特徴。スペックはノーマルの確変タイプでした。

 

CR未来少年コナン~愛と勇気と冒険と~

2011年にニューギンから登場。待望の継続機種でミドルタイプながら確変継続率は80%と高く、連チャンの虜になった人が続出しました。

 

 

 

銀河鉄道999

松本零士のSF漫画及びテレビアニメ。機械の体を無料でくれる星に向かうために銀河超特急999号でメーテルと共に旅するストーリー。

 

CR銀河鉄道999

宇宙戦艦ヤマトに並ぶ松本零士の代表作が2008年に豊丸から初登場しました。通常時のステージが3つ用意されており、それぞれ大当りした際の確変期待度が異なっていました。また、鉄道、メーテル、車掌はオリジナル声優陣を採用していました。

 

 

CRびっくりぱちんこ銀河鉄道999

2011年には京楽から登場しています。こちらは全編描き下ろしのアニメーションを使用。演出は劇場版を基に作られ、バトル要素の強い作品に仕上がりました。

 

 

CR銀河鉄道999

2017年に平和から登場。3メーカーに渡って作られた珍しいコンテンツになりました。こちらは現在でもホールで稼働中です。

 

松本零士アニメが大活躍!

1978年放送アニメは松本零士作品が多くパチンコ化された年になりました。また、宇宙戦艦ヤマト2も放送開始になっていますので、まさに松本零士ブームが到来した年ですね。これからも続編に期待出来るコンテンツだと思います。

 

 

 

 

 

1979年に放送されたアニメのタイアップ機種

 

機動戦士ガンダム

1979年から名古屋テレビで放映されたロボットアニメ。放送時には視聴率は振るわなかったが、終盤に向かって人気に火が付き、再放送、再々放送では高視聴率を獲得して、現在のガンダムブームの礎を作った作品。

 

CR SDガンダム

ガンダムシリーズ初のパチンコ化は意外にも二頭身体型にデフォルメ化されたガンダム作品でした。40以上ものガンダムキャラクターが2000年にSammyから登場しました。

 

CRF.機動戦士ガンダム

これまでパチスロでは登場していましたが、遂に2013年にSANKYOから正真正銘のタイアップ機が登場しまいた。

 

CRF.機動戦士ガンダム-V作戦発動-

続けざまに2015年にSANKYOから続編が登場。ライトミドルでリミット3回タイプ。電チュー大当りの60%は2000発オーバーで出玉力も十分でした。

 

CRF.機動戦士ガンダム -LAST SHOOTING-

更に続けざまに2016年にSANKYOから第3弾が登場しました。こちらはミドルタイプのV確ST機でST継続率は約83%の高継続機種でした。

 

 

ベルサイユのばら

池田理代子原作の少女漫画。通常「ベルばら」。フランス革命前のベルサイユを舞台に、男装の麗人オスカルとフランス王妃マリー・アントワネットの人生を描いた作品。

 

CRベルサイユのばら

初タイアップは2004年にエース電研から登場。多くのベルばらファンがパチンコ店に詰めかけました。

 

CRベルサイユのばらII

前作の後継機として2006年に登場。前作の演出を踏襲しながら、更に美麗液晶にパワーアップしました。

 

CRベルサイユのばらIII 薔薇は美しく散る

第3弾はこれまで以上に展開される各種ストーリー系リーチなどの美麗液晶を駆使した演出。2009年にエース電研から登場しました。

 

CRベルサイユのばら 薔薇の運命

エース電研からaaaにメーカー名を変えて2012年に第4弾が登場しました。登場人物の若き日を描いたモードや初代を継承したモードを搭載。

 

CRベルサイユのばら 遙かな時を超えて

エース電研(aaa)から西陣にメーカーが変わっての2015年第5弾。前作のSTと違いノーマルの確変タイプで登場しました。

 

Pベルサイユのばら~革命への序曲~

2019年2月に登場した最新作は3段階の設定付き。確変ループの小当りRUSHを搭載しています。現在絶賛稼働中。

 

ガンダム誕生の功績は大きい

1979年はロボットアニメの金字塔機動戦士ガンダムが放送開始しました。初代ガンダムだけでなくZガンダムもパチンコ化されていますし、これからもガンダムシリーズのパチンコ化に期待出来るので、初代ガンダムの誕生はパチンコ業界にも大きな影響を与えました。

 

 

 

1979年から1玉4円に!

大躍進のアニメパチンコ!

70年代最後の2年間もアニメ業界、そしてパチンコ業界にも大きな一歩になった年でした。パチンコで言えば、現在では当たり前になっている1玉4円は1979年にスタートしました。まだパチンコ化されていないアニメも多いのでこれから登場することを期待しましょう。今なお色褪せないアニメが多く誕生した1970年代に感謝しつつ、今回はこれにて失礼します。

 

 

©松本零士・東映アニメーション

©松本零士/キャプテン・ハーロック製作委員会 ©Sammy

©NIPPON ANIMATION CO.,LTD.

©KYORAKU

©創通エージェンシー・サンライズ ©BANPRESTO

©創通・サンライズ

©SOTSU・SUNRISE

©池田理代子プロダクション