東海

編集部レポート

【岐阜】僕のAパン美のかも−山手

5.16(日)モンスターレコード取材

5月16日(日)
『僕のAパン美のかも−山手』
モンスターレコード取材の結果はこちら!

 

日曜日はたくさんのプレイヤーが
良い結果を目指して活気に満ち溢れる!

5月16日(日)に実施した『僕のAパン美のかも−山手』のモンスターレコード取材。

 

満台近いコースがいくつか見らえるほどの人気ぶりをみせるモンスターレコードの週末日曜日は、スロットの稼働が目に見えて高く、様々なジャンルの機種が抜群の盛り上がりとなった。

 

 

スロットで稼働状況が満台近かったのが各32台設置のプレミアムハナハナ-30とツインドラゴンハナハナ-30。圧倒的な稼働で大当り回数の伸びも抜群で、高い合算確率が非常に多い印象も◎。中央通路を挟んだ25φでは、パチスロ北斗の拳宿命やマジハロ5などの一列の状況がとても良く、5号機も6号機もプレイヤーが打ち応えを感じる台が人気を集めていた。

 

 

パチンコではモンスターレコードとあって人気を集めていたのは、実績のあるぱちんこCR真・北斗無双や、ライトスペックのP大工の源さん 超韋駄天LIGHT。古き良き2400発のCR機を、新進気鋭の軽く遊べる高継続マシンのどちらも記録を狙えるパチンコであり、その特徴を満足するまで味わったプレイヤーも。

 

 

他にもパチンコの人気どころとしては海物語シリーズがあげられる。また、1円パチンコもいつも通り賑わいを見せており、店内の様々なコースで多くのプレイヤーが高記録を目指して勝負を楽しんでいた。

 

取材の終わり際には、パチスロモンキーターンⅣで中段チェリーを射止める瞬間も目撃。『僕のAパン美のかも-山手』の5月16日(日)は、いろいろな見どころのあるモンスターレコード取材だった。