東海

編集部レポート

【岐阜】僕のAパン美のかも−山手

5.14(金)最光取材

5月14日(金)
『僕のAパン美のかも−山手』
も盛り上がった景を取材した結果はこちら!

 

 

盛り上がった光景が店内に広がる
5月14日金曜は30φから新台まで稼働上々

『僕のAパン美のかも−山手』にて盛り上がった光景を取材したのは5月14日金曜日。毎週恒例の取材とあって、プレイヤーの顔ぶれは常連さんが多い様子で、落ち着いた雰囲気の中でも様々な箇所で盛り上がりを感じる状況が広がっていた。

 

 

スロットからコースを覗くと、32台設置のプレミアムハナハナ-30が一番に目に入る人気ぶりとなっており、年齢層を問わず小気味好くレバーを叩いているプレイヤーが多数。各台計数機ながら、データランプの数字から良い状況がわかる。その隣の南国育ち-30やマイジャグラーⅣのあるコースも、同様の状況を感じられた。

 

 

パチンコに移動をすると、新台として導入されたばかりのPガールズ&パンツァー劇場版が賑わっており、いつも常連さんが楽しんでいる海物語コーナーに匹敵する盛り上がりが見られる。ライトミドルで約83%の継続率を楽しめるガルパンは、500回転で突入する軽い遊タイムもついており、遊びやすい機種なので海物語好きもぜひ試してほしい1台である。

 

 

他にもしばらく店内に居ると、大当りの瞬間を様々な台で見ることができた。その中でも大当りを多く目撃できたのはハイビスカスが光る光景で、プレイヤーの人気はやはり群を抜いているように感じた。

 

『僕のAパン美のかも−山手』はわざわざメダルを箱に積む必要がなく、スロットも快適な遊技環境のあるお店。

金曜日の取材ではスロットパチンコそれぞれに盛り上がった光景を感じることができた。