東海

編集部レポート

【三重】ランドマーク鈴鹿店

1.15~17(金~日)はなれ技

1月15日(金)〜17日(木)
『ランドマーク鈴鹿店』
はなれ技取材した結果はこちら!

 

プレハナから1月17日に最高9,172pt!
3日間とも抜群のハナハナ環境が広がる

恒例のはなれ技取材を1月15日〜17日にて実施した『ランドマーク鈴鹿店』は2021年もハナハナの調子は絶好調だ。
沖ドキのラストとなる日程で、その後を担う南国育ち-30沖ドキ!2-30も奮闘していたが、ハナハナシリーズの勢いは沖ドキにも負けておらず、はなれ技の3日間は毎日好調台が目立った。

 

1月15日(金)は6,778pt
1月16日(土)は5,379pt
1月17日(日)は9,172pt

全てプレミアムハナハナ-30での記録だったが、ツインドラゴンハナハナ-30からハナハナホウオウ-30まで、4機種全てにおいて好調台が見られる盛況ぶりとなっていた。

 

 

やはり1コース40台が並ぶプレミアムハナハナ-30の人気は高く、1月17日の昼頃に訪れたところ空台はごくわずか。3日間の日程も期待感抜群だったからか、昨年以上の盛り上がりを感じる状況だった。

 

ツインドラゴンハナハナ-30は設置台数が19台あるものの空台はなし。ここまでAタイプが埋まり、台移動されない状況も珍しい。

 

1月15日〜17日は3日間ともに実績十分の結果を残し、翌週には6号機のニューハナハナゴールド-30を12台導入。これからもハナハナシリーズの隆盛は続きそうだ。

 

 

 

 

 

1.15(金)の取材結果

 

【1】
BB56回 RB23回
930番台 プレミアムハナハナ-30
(合算1/132.4:total 10,463G)

 

【2】
BB46回 RB26回
928番台 プレミアムハナハナ-30
(合算1/128.0:total 9,221G)

 

【3】
BB53回 RB18回
866番台 ツインドラゴンハナハナ-30
(合算1/129.9:total 9,223G)

 

【4】
BB46回 RB25回
861番台 ツインドラゴンハナハナ-30
(合算1/132.8:total 8,594G)

 

【5】
BB41回 RB29回
936番台 プレミアムハナハナ-30
(合算1/134.1:total 9,391G)

 

 

 

1.16(土)の取材結果

 

【1】
BB44回 RB27回
910番台 プレミアムハナハナ-30
(合算1/124.5:total 8,843G)

 

【2】
BB41回 RB30回
868番台 ツインドラゴンハナハナ-30
(合算1/135.9:total 9,653G)

 

【3】
BB44回 RB24回
884番台 グレートキングハナハナ-30
(合算1/138.3:total 9,410G)

 

【4】
BB36回 RB24回
908番台 プレミアムハナハナ-30
(合算1/113.6:total 6,821G)

 

【5】
BB34回 RB22回
932番台 プレミアムハナハナ-30
(合算1/127.7:total 7,154G)

 

 

 

 

 

1.17(日)の取材結果

 

【1】
BB58回 RB32回
910番台 プレミアムハナハナ-30
(合算1/107.9:total 9,714G)

 

【2】
BB44回 RB36回
884番台 グレートキングハナハナ-30
(合算1/125.0:total 10,007G)

 

【3】
BB55回 RB20回
870番台 ハナハナホウオウ-30
(合算1/135.3:total 10,151G)

 

【4】
BB47回 RB28回
915番台 プレミアムハナハナ-30
(合算1/136.8:total 10,403G)

 

【5】
BB40回 RB28回
898番台 ツインドラゴンハナハナ-30
(合算1/140.2:total 9,538G)

 

 

 

 

 

 

 

 

数少ないプレハナの空台を打ってみたが
惜しくも−3Kで実践終了

こんなにも混雑している中では、台選びはできず当日900Gしか稼働していないプレミアムハナハナを1000Gほど打ったところ、BB3回RB1回の結果になった。

打ち始めてわずか1KでRBをゲットしたまでは良かったが、それから400Gハマリを食らってしまい、投資分をマクるまでには至らず。

 

実践の教訓としては、日曜日の『ランドマーク鈴鹿店』でハナハナの好調台をゲットするためには朝から並ぶことが必須と再確認したことだ。