東海

編集部レポート

SLOT MARUMAN

【愛知】12.6(日)最光取材

12月6日(日)
『SLOT MARUMAN』
独自に調査した結果はこちら!

 

 

 

ハナハナシリーズ

最光記録 77チカリ
(BB46回 RB31回)
ツインドラゴンハナハナ-30:77番台
合算 1/117.6:total 9,056G:5,980pt

 

2位 72チカリ
(BB37回 RB35回)
ツインドラゴンハナハナ-30:72番台
合算 1/133.0:total  9,582G:2,619pt

 

3位 70チカリ
(BB39回 RB31回)
ツインドラゴンハナハナ-30:80番台
合算 1/129.7:total 9,081G:3,386pt

 

 

 

 

 

ジャグラーシリーズ

最光記録 86ペカリ
(BB53回 RB33回)
ファンキージャグラー:131番台
合算 1/104.6:total 9,000G:7,254pt

 

2位 79ペカリ
(BB39回 RB40回)
ファンキージャグラー:126番台
合算 1/115.0:total 9,091G:3,851pt

 

3位 77ペカリ
(BB42回 RB35回)
マイジャグラーⅢ:161番台
合算 1/123.5:total 9,510G:4,197pt

 

 

 

 

 

 

総評

12月6日は日付通りに活躍する
好調台が大量に出現!

愛知県西尾市上町において、12月6日(日)に最も盛り上がった光景の調査を実施。この日程にしたのはもちろん過去の実績が優秀だったからで、今後も定期的に盛り上がりをチェックする価値を調査前から感じていた。

 

当日の盛り上がりは店内スロット全域に及ぶもので、押忍!番長3には明らかな最高挙動が2台もあり、7千pt、8千ptと見事な記録に店舗の信頼度の高さを目の当たりにした。

 

そんな中でもやはり目立つ人気で盛り上がっていたのはハナハナシリーズ。当日トップ3を独占したツインドラゴンハナハナは、最高5,980ptの77チカリで、明らかに好調台を示す合算確率の結果ばかり!この日はツイドラが絶好調だったが、別の日はまた別のハナハナシリーズが好調になるのだろうか?

 

ジャグラーシリーズでは、ファンキージャグラーが7,254ptというジャグらしからぬ仰天記録が飛び出すほどの盛り上がった光景を目撃!さらにスペックの高いマイジャグラーⅢからもBR比率も優秀な合算1/123.5が生まれるなど、ジャグラーシリーズ全体が魅力的な状況だった。

 

このように12月6日に最も盛り上がった光景は、ツインドラゴンハナハナファンキージャグラーのメインAタイプだった。