東海

編集部レポート

タイホウ相原店

【名古屋】パチスロインフォメーション

今回は、名古屋市緑区にある地域密着型のパチンコ店『タイホウ相原店』に足を運びました。

 

 

 

 

過去データが優秀なプレハナを打ってみたら大成功!

早めの時間帯に訪れたものの週末とあって未稼働のフレッシュな台を拾うことはできない程度の程よい稼働状況でした。ツイドラの稼働が最も高かったため、台の選択肢が多かったプレハナで、木曜と金曜の合算がどちらも良い台を選んだところ、およそ800G回して合算1/139を記録。BB3回でスイカ4個と好調だったので、据え置き、または更に上げることがあるのかもしれません。

 

 

 

ジャグラーやユニバ機種を中心に稼働上々

ハナハナのほかに目を向けると、お隣の沖ドキには超ドキランプが輝く羨ましい台を目撃。25φで最も稼働率が高かったジャグラーは写真のとおりの人気ぶりです。その他、バジリスク絆やゴッドシリーズから6号機のまどか☆マギカまで、ユニバ機種の人気が目立っていました。

 

 

 

海シリーズと低貸しコーナーが人気!

4円パチンコで最も人気があるのは海物語IN JAPANで、常連さん御用達といった人気ぶりでした。いろいろな新台が導入されていた低貸しコーナーは、機種を問わず和気あいあいとご老人たちが楽しんでいる様子です。10月の『タイホウ相原店』のパチンココーナーは遠慮気味にされたハロウィン装飾もあって、居心地の良さを感じました。

 

 

 

 

『タイホウ相原店』で実施したその日最も良かった光景は自ら勝ち取ったハナハナのBB3連チャンです。取材を実施した時間を早めにしたことでハナハナがいつもより狙いやすいように感じました。およそ1時間で10kほどサクッと出て大満足。推測要素などの感触も良好な良いプレハナでした。このように開店からでなくても、台選び次第で十分な結果を見込める良台を拾えたりするので、ぜひ参考にしてください。